第91回高校サッカー選手権大会決勝 鵬翔対京都橘戦

今日は14日に開催予定だった高校サッカー選手権大会決勝
宮崎県代表の鵬翔対京都府代表の京都橘を見に行きました。
国立競技場
14日はスポーツクラブのイベントがあった為に
テレビ中継も見られなかったのに、
まさか見に行けることになるとは(^_^;)

ちなみに、おいら
1~3回戦は京都の実家のテレビで
準々決勝は三ツ沢
準決勝は自宅のテレビで
と全試合見ていたりしますヽ(^。^)ノ

千駄ヶ谷駅に到着してから、
駅周辺はまだまだ雪は残っているし、
歩道も凍結していて実に危なかった。

しかし、スタンドに入って驚いたのは…

まだ雪が残る

ピッチの周りに雪がたくさん残っている!
聞いた話では、前日に大学のラグビー部の部員が
たくさん動員されて雪掻きを手伝ってくれたとの事。

さらに、ホーム側のゴール裏は陽が当たって雪が融けたものの、
アウェー側のゴール裏は雪が融けなかった為に閉鎖
一部閉鎖

試合前によしきちゃん、関東サンガサポーターのYT氏、ウルトラスのけいと氏
さらには他チームのサポーターも含めて座談会のように観戦。

12時前に選手入場ですよ。
いよいよ試合開始

円陣を組む京都橘イレブン
京都橘イレブン
さぁ、勝って優勝するぞ!

試合はお互いに譲らずの展開
鵬翔対京都橘前半

また、今日も京都橘の応援席にはまゆまろが来ていました(^◇^)
まゆまろ

試合が動いたのは前半41分
混戦から最後は林が放ったシュートがラインを割って京都橘が先制!
林は元サンガU-15
このまま試合は0-1で京都橘がリードして前半終了。

後半に入ると、鵬翔がエースの中濱を投入!
怪我で後半途中から投入されるのが多かったが、
鵬翔もリードされている為に賭けに出た模様。

そうしたら後半4分に中濱の突破から得たコーナーキックから
芳川が高い打点のヘッドで押し込んで同点に追い付く。
鵬翔が同点
この後も鵬翔に押される場面が多くなりヤバくなる。
鵬翔対京都橘後半
しかし後半19分に仙頭が決めて京都橘が再びリード
仙頭のゴール
これで仙頭は小屋松と並ぶ5得点となり、得点ランクトップとなる。

このまま京都橘が行けるか!
と思ったが、そう簡単には行かない。

後半39分にペナルティエリアで選手を倒してしまい、
鵬翔にPKのチャンス!

これを矢野が落ち着いて決めて再び同点となってしまう。
PKで再び追いつく

試合はこのまま1-1となり延長戦へ。

延長戦になってもお互いに決定機がなく進む。
鵬翔対京都橘延長戦

延長戦の前後半10分ずつでも決まらなかった為にPK戦へ
PK戦に入る

PK戦は京都橘の1人目仙頭が蹴ったシュートがバーを叩いて外れてしまう。

対する鵬翔は4人目までが決めて、
5人目はGKの浅田

その浅田が落ち着いて決めて鵬翔が初優勝
GKの浅田が決めて鵬翔が初優勝
対する京都橘の選手はショックで倒れこむ。
倒れこむ京都橘イレブン

鵬翔は初優勝となり、
対する京都橘は京都府代表として
2年前の久御山高校の雪辱を晴らすことが出来なかった。

試合後にはPKを外した仙頭が号泣しているし、
宮吉悠太もコーチに肩を抱えられながら泣いていた。

これは、昨年の元日の天皇杯決勝のミヤの号泣を思い出した。

試合後の表彰式
プロとは違って、高校サッカーは優勝チーム→準優勝チームの順番

まずは優勝した鵬翔
優勝の鵬翔
続いて準優勝の京都橘
準優勝の京都橘

表彰式が終わってからは挨拶

まずは優勝した鵬翔だか、
この後はみんなはしゃいでいて本当に嬉しそうだった。
優勝おめでとう
そして、準優勝の京都橘
来年こそは雪辱を
まだ、1年生と2年生が多いこともあり、
来年以降が楽しみなチーム。

来年こそは優勝したいものですな。

2013年のJリーグ開幕まで、あと1ヶ月半
開幕が待ち遠しくなってきました。

コメントの投稿

非公開コメント

延長に入った頃から

近所の競技場の歓声聞こえてきませんでした?

さすがに聞こえなかった

よしひろさん
ラグビーが秩父宮ラグビー場で開催されていたんですよね。
途中で知りました。
プロフィール

関Taka

Author:関Taka
SANGARIAN'Sの管理人代行で京都サンガF.C.サポーター連合会のサンガ応援旗管理委員会のメンバー
普段はゴール裏で関東旗を振っています。
関東在住だけど生まれは京都市左京区
そんなサポーターが書くblogです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チーズスイートホーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
Instagram
リンク
Yahoo!天気情報
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR