亀岡に決定

球技スタジアム亀岡に 京都府が方針

亀岡市のスタジアム予定地の地図 京都府は25日までに、サッカーなど球技専用スタジアムを亀岡市から提案があった農地に建設する方針を固めた。広く集客が見込める利便性や、造成費用が他の2候補地より低く抑えられることを重視した。早ければ2017年度の利用開始を見込んでいる。

亀岡市が提案した候補地はJR亀岡駅北にある農地約12・8ヘクタール。府は造成費とは別に100億円程度をかけてJリーグの試合ができる2万5千人収容のスタジアムを建設する。

府は11年11月、府内市町村に用地の無償提供を条件に公募を行い、5市町が誘致に名乗りを上げた。府の有識者委員会が亀岡市と京都市伏見区の横大路運動公園、城陽市の山砂利採取跡地の3候補地に絞り込んだが、いずれも土壌の安定性などに課題があり、府に最終判断を委ねた。

亀岡は京都駅から亀岡駅まで20分、駅からも徒歩3分とアクセスがよく、基礎工事費の見込みが最も低い。今後予定される京都第二外環状道路の開通や京都縦貫自動車道の全線開通などで、誘客する条件も整う。

スタジアムをめぐってはサッカーワールドカップ日韓大会(02年)に向けて府が城陽市での建設を検討したが、開催地から落選。04年には京都市や府、経済界が横大路運動公園を候補に検討を進めたが、京都市が資金難を理由に撤退した。

亀岡スタジアム
本当に長かったけど、
これで決まりかな?

個人的には京都市内の横大路が良かったけど、
決まっただけでも本当に嬉しい。

一応、書いておくが、
京都から快速で19分、普通で27分
かなり早いね。

さらに、駅からは徒歩3分で到着なので、
四条乗り換えの西京極にちょっとだけ時間がかかるようになっただけ。

やはり、駅から徒歩圏内と言うのは良いことでしょう。

また、新スタジアムだけど、
こんな感じになってほしい。

①観客席に屋根をつける
やはり雨をしのげるのは見る立場から言えば重要
ただ、大旗を振っていると最前列なので濡れてしまうのですが(・_・;)

②座席は背もたれつき
やはり試合を見やすいスタジアムが理想
もちろんカップホルダーもつけて欲しいな。

③当然、カラービジョン
老朽化している黒とオレンジはいい加減飽きたので
カラーの選手紹介が見たいです。

④外観はインパクトがあるように
京都なので和風なデザインと言うのも考えたが、
明治時代に西洋建築を積極的に導入したのが京都市
なので、レンガ造り風とか、クラシックなデザインを導入してもらいたい。

⑤スタジアムグルメやフードコートも積極的に
西京極では、地元の地権者のうんぬんで
まともなスタジアムグルメがない。

さらに、サンガフレンズスクエアのフードコートが参入しても
すぐに撤退とか根付かないのがある。

まともなフードコートを作ってもらいたいですな。

⑥駐車場も設置してほしい
やはり郊外にスタジアムを作ることもあるので、
最初から駐車場のことも考えて欲しい。
建設の際に地下に駐車場を作れば良いと思いますけどね。

こんな風にいろいろと意見ばかり書いたけど、
しょうもないデザインではなく、
サポーターの意見も取り入れたスタジアムを作ってほしいですな。

あと、今日は徳島ヴォルティスから呉承訓の移籍が発表

オ スンフン選手 完全移籍加入のお知らせ

サンガ初の外国人ゴールキーパーとなるけど、
即戦力として期待していますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

関Taka

Author:関Taka
SANGARIAN'Sの管理人代行で京都サンガF.C.サポーター連合会のサンガ応援旗管理委員会のメンバー
普段はゴール裏で関東旗を振っています。
関東在住だけど生まれは京都市左京区
そんなサポーターが書くblogです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チーズスイートホーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
Instagram
リンク
Yahoo!天気情報
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR