朴智星が握手拒否

元サンガで現在はプレミアリーグのQPRに所属する朴智星が
先週のチェルシー戦でジョン・テリーとの握手を拒否すると言う事件がありました。

理由は昨年の試合でQPRの同僚のアントン・ファーディナンド選手が、
ジョン・テリー選手から人種差別発言を受けて、現在は裁判となっているため。

智星としては、同僚を守ることでのチームが決めた決定に従った事。

最初はあの智星がそんなことをするなんて?
と思いましたが、きちんと理由があったんですね。

確かに人種差別発言などは許されざる行為。
それに対しての報復には賛否があるかもしれませんが、
今回ばかりは智星を支持します。

このような人格者の智星を少しは韓国の選手は見習ってもらいたいものです。
QPRの主将

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

関Taka

Author:関Taka
SANGARIAN'Sの管理人代行で京都サンガF.C.サポーター連合会のサンガ応援旗管理委員会のメンバー
普段はゴール裏で関東旗を振っています。
関東在住だけど生まれは京都市左京区
そんなサポーターが書くblogです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チーズスイートホーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
Instagram
リンク
Yahoo!天気情報
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR