総武快速・横須賀線にE235系

総武快速・横須賀線にもE235系…グリーン車にコンセントとWiFi、停電時も走行可能 2020年から順次落成

約26年ぶりにリニューアル

JR東日本は9月4日、総武快速・横須賀線(千葉~東京~久里浜間)などへE235系を投入すると発表した。

同車は2015年11月から山手線に投入されているが、総武快速・横須賀線などへ投入される車両は、搭載機器や線路、電力設備などの状態を常時監視するモニタリングが可能で、JR東日本の車両として初めて停電時も走行できる非常走行用電源装置を搭載する。

総武快速・横須賀線用のため、山手線用にはないグリーン車も連結されるが、JR東日本の普通列車用グリーン車としては初めて全座席に電源コンセントを設置。車内公衆無線LAN(WiFi)や液晶ディスプレイによる案内画面も備える。

2020年度から順次落成する予定となっており、総武快速・横須賀線のほか、外房線千葉~上総一ノ宮間、内房線蘇我~君津間、総武本線千葉~成東間、成田線佐倉~香取間・成田~成田空港間、鹿島線にも投入される。


1994年から横須賀線や総武快速線を中心に活躍していた
E217系の後継車両として
2020年からE235系の導入が発表された!

おいらが社会人になった時は113系からE217系に変わりつつあった

東京に転勤してから、当時は亀戸勤務

亀戸から総武緩行線で錦糸町まで行って、
錦糸町から総武快速線に乗り換えるのだが、
当時は3ドアの113系と4ドアのE217系が混在していて、
乗車位置も違っていたりしたのが懐かしかった

この車両も約25年近く使うんだったら、おいらも70歳近くになる

さすがに、次の車両入れ替えの時には
働いていないだろうな(^_^;)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

関Taka

Author:関Taka
SANGARIAN'Sの管理人代行で京都サンガF.C.サポーター連合会のサンガ応援旗管理委員会のメンバー
普段はゴール裏で関東旗を振っています。
関東在住だけど生まれは京都市左京区
そんなサポーターが書くblogです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チーズスイートホーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
Instagram
リンク
Yahoo!天気情報
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR