ゼロタッチ断念

「ゼロタッチ」断念、臨場感は? 京都・亀岡スタジアム

 京都府が亀岡市に建設予定の球技専用スタジアムで、ピッチと観客席の最前列を同じ高さにしてプレーの迫力を感じてもらう「ゼロタッチ」の採用を取りやめたことが7日、分かった。ピッチの芝の生育に支障をきたす恐れがあるためといい、ピッチから1・2メートルの高さにする。府は「ほぼゼロタッチ。臨場感は損なわない」とするが、J2京都サンガFCのサポーターからは残念がる声も上がっている。

 ゼロタッチは英国などでよく見られる形状で、選手の目線に近い状態で観戦できる。府は2月に北九州市に完成した球技専用スタジアムに次ぐ国内2例目を目指していた。

 ところが設計段階で、四方を屋根で覆う新スタジアムをゼロタッチにすると風通しが悪く、芝の生育不良につながることが判明。通風口を確保するため市立吹田サッカースタジアム(大阪府)などと同様、ピッチから1・2メートルの高さに最前列の床面を設ける構造にした。ピッチまでの距離は7・5~10・5メートルと近く、府文化スポーツ部の山本敏広理事は「臨場感はゼロタッチにしなくてもさほど変わらない。芝を張り替えれば数千万円かかる。維持管理を優先させた」と話す。

 Jリーグは、ゼロタッチは災害などの緊急時に観客がピッチへ避難しやすいといった安全上の観点から推奨する。高さの規定はないが、高低差1・2メートルは「ゼロタッチにあてはまらない」という。

 新スタジアムを本拠にするサンガは昨年1月のファン感謝デー会場でゼロタッチフィールドを再現し、2千人超の来場者がイメージを膨らませた。サンガサポーター連合会の市野雅樹事務局長(46)=宇治市=は計画変更について「初めて聞いた」とした上で、「芝の養生を優先するのは理解できるが、1・2メートルの高低差はちょっと高い。Jリーグのスタジアムでなかなかゼロタッチを実現できない中、期待していただけに残念」と語った。

実現ならず

この記事を読んで、ちょっと残念だったのと、
ちょっとホッとしたのと2つの気持ちになった。

ちょっと残念だったのは、ゼロタッチの迫力のあるところ
日立柏サッカー場味の素フィールド西が丘
行ったことがある方は分かるが、
最前列がピッチと同じ高さのゴール裏でとても迫力がある

観客席が地上から1.2メートルの高さになるが、
豊田スタジアムのように、試合開催時のみ前3列分の仮設席を設置して
それを伸ばすことでゼロタッチが可能とは出来ないのであろうか?

ちょっとホッとしたのは、
ゴール裏の高さが1.2メートルになったこと
これは長野Uスタジアムのゴール裏よりちょっと低いくらいかな?

勝手な意見になるが、ゼロタッチだと
最前列で大旗が振りづらくなる。
実際に、ゼロタッチを導入している北九州の
ミクニワールドスタジアム北九州
大旗を振っての応援が禁止になっている

他には日立柏サッカー場は大旗は最後列
昔のヤマハスタジアムアウェーゴール裏や、味の素フィールド西が丘は
ピッチから近すぎる為に大旗は斜めに置くなど
それぞれのスタジアムでいろいろと規制されていることもある。

適度に高さがあれば、その分大旗が前に突き出すこともないので、
これくらいの高さでもいいと思ったりする。

いずれにせよ、
作ってよかったと思う素晴らしいスタジアム
の完成を心待ちにしています!
こんな視点になるのかな?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

関Taka

Author:関Taka
SANGARIAN'Sの管理人代行で京都サンガF.C.サポーター連合会のサンガ応援旗管理委員会のメンバー
普段はゴール裏で関東旗を振っています。
関東在住だけど生まれは京都市左京区
そんなサポーターが書くblogです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チーズスイートホーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
Instagram
リンク
Yahoo!天気情報
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR