井手峻氏が母校のコーチ

都立新宿コーチに中日元球団代表の井手峻氏が就任

 新宿(東京)が、OBで中日元球団代表の井手峻氏(73)を外部コーチに招聘(しょうへい)したことが1日、分かった。

 井手氏は東大で投手として活躍し、66年2次ドラフトで中日3位入団。投手、外野手としてプレーし、76年現役引退後はコーチとフロントを歴任。退団後、15年に学生野球資格を回復した。新宿・田久保裕之監督(35)は「(要請を)快諾していただき、5月から真摯(しんし)で熱心な指導をしてくださっています」と話した。同氏は週1回のペースで指導に当たる。

東大卒のドラゴンズ一筋

東大からドラゴンズに入団して、投手で1勝して、
さらに野手としては300試合以上に出場した井手峻氏

おいらが小学生の頃は、一軍の内野守備コーチを担当していて
東大卒のコーチって頭がいいんだろうな!
と思っていたこともありました。

その後は球団代表にまでなり、約50年弱もドラゴンズに在籍をしていた
ドラゴンズの生き字引ともいえる人物

そして、73歳にして母校のコーチ就任とは
本当に野球が好きなんだろうね(^_^;)

そんな井手コーチの活躍をドラゴンズファンとしては
願うばかりです!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

関Taka

Author:関Taka
SANGARIAN'Sの管理人代行で京都サンガF.C.サポーター連合会のサンガ応援旗管理委員会のメンバー
普段はゴール裏で関東旗を振っています。
関東在住だけど生まれは京都市左京区
そんなサポーターが書くblogです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チーズスイートホーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
Instagram
リンク
Yahoo!天気情報
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR