黒田の背番号15が永久欠番

黒田の「15」カープの永久欠番に 山本、衣笠に続く球団3人目のレジェンド

 今季限りで現役を引退した広島・黒田博樹投手(41)の功績を称え、球団が背番号「15」を永久欠番にすることが30日、分かった。球団では山本浩二氏の「8」、衣笠祥雄氏の「3」に続き3人目。15年に復帰し、今季は日米通算200勝や25年ぶりのリーグ制覇に貢献。レジェンド右腕が球団史に新たな1ページを刻んだ。

 黒田が背負い続けた代名詞が永遠に語り継がれる。広島で通算13年間つけてきた背番号「15」は球団の宝物。松田オーナーは「広島に帰って来て2年。単純に成績だけではない。社会への影響があったし、価値観を覆した。球団として歴史に残し、功績を伝えないといけない」と話した。

 15年に古巣復帰。前年の14年にはヤンキースで5年連続2桁勝利となる11勝をマーク。メジャーからは20億円超の巨額オファーを受けた。それでも右腕は「カープで投げた方が1球を投げる重みが感じられる。今度は僕がファンの心を動かしたい」。年俸は米国の約5分の1となる4億円ながら、広島を愛する心で野球人生最後の舞台にカープを選んだ。

 「お金だけではないということ。それ以外の価値観という意味で一石を投じた」と同オーナー。「男気」という言葉が世間をにぎわせた。実力もさることながら、その言動がチームやカープファンだけではなく、社会全体に大きな反響をもたらした。

 現役生活最後となった今季は7年連続2桁勝利となる10勝を挙げ、日米通算200勝も成し遂げた。体は満身創痍(そうい)。右肩や右足首に消炎剤の注射を打ちながら、25年ぶりのリーグ制覇に導いた。32年ぶりの日本一には輝けなかったものの、「残してくれたものはたくさんある。粘り強く投げることへの考え方、先発投手のプライドを(周囲の投手に)感じさせたことも大きい」と同オーナー。レジェンドが示し続けた野球への妥協なき姿勢は、後輩たちに着実に受け継がれていく。

 球団では、ミスター赤ヘル・山本浩二氏の「8」、鉄人・衣笠祥雄氏の「3」に続いて3人目の永久欠番。ファンの記憶、そして記録にも残り続けるであろう不世出の大エース。プロ20年間で黒田が歩んできた一歩一歩の道のりが伝説になり、後世に語り継がれていく。

衣笠祥雄以来の永久欠番

先週は日本シリーズがあり、広島が2つ先勝したものの、
北海道日本ハムが4連勝して10年ぶりの日本一

札幌ドームで完全に流れを手繰り寄せて一気に勢いづいたね!

そして、昨日はビッグニュースが飛び込んだ!

なんと、広島が黒田博樹の背番号15を永久欠番にすることになった!

弱小だった広島をずっと支えて、阪神からのオファーもずっと断っていた
メジャーリーグに移籍して絶頂期で20億円のオファーがあっても、
最後は古巣の広島でやりたいと電撃復帰

ラストシーズンとなる今年はセ・リーグ制覇と日米通算200勝を達成

球団幹部が
年俸などでは測れない価値観を
身をもって示したことが大きい

と言っていたのが印象的

しかし、黒田は広島で本当に良かったよね(*´∀`)♪

これが、某名古屋の球団だったら、
チームに永久欠番なんていらない
と言って、翌年にドラフト2位くらいの選手
ポンとつけさせそう(-_-;)

背番号と言うのは歴史重みがあるわけで、
ただの飾りじゃないのを知ってほしいんです!

30年以上も同じ背番号をつけて、50歳まで現役で活躍した
山本昌の背番号34を永久欠番にせずに、
ドラフト4位の選手に簡単に渡してしまった
ファンの意見も無視するチームには
未だに憤りを覚えていますから(`ヘ´)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

関Taka

Author:関Taka
SANGARIAN'Sの管理人代行で京都サンガF.C.サポーター連合会のサンガ応援旗管理委員会のメンバー
普段はゴール裏で関東旗を振っています。
関東在住だけど生まれは京都市左京区
そんなサポーターが書くblogです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チーズスイートホーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
Instagram
リンク
Yahoo!天気情報
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR