京都市京セラ美術館に改称

京都市美術館命名権、京セラに決定 50年50億円で

 京都市が大規模改修する市美術館(左京区)の命名権(ネーミングライツ)の契約先を京セラ(伏見区)に決定したことが6日、分かった。売却額は50億円で、市は改修費約100億円の半額を賄う方針。2019年度予定のリニューアル開館から50年間、通称が「京都市京セラ美術館」となる。運営は市が直接担う。市施設の命名権売却は9件目。

 応募したのは京セラ1社で、「創業地京都の文化と地域の発展に寄与したい」との趣旨で申請があった。5日の市ネーミングライツ審査委員会(委員長・山田陽子公認会計士)による選定を経て、6日に市が決めた。命名権は本館や大展示室、日本庭園など内部の8施設も対象で、今後、京セラが提案する。11月中にも契約に関する基本合意を結ぶ方針。

 市美術館の命名権を巡っては、市議会や一部の美術関係者、住民団体から「命名権売却は歴史ある美術館にはそぐわない」などの批判が出ており、市は「市民負担を減らしつつ再整備するため、民間企業の力を借りたい」と理解を求めている。

 市施設の命名権は、市美術館に近いロームシアター京都(京都会館)でも導入され、16年から50年間、52億5千万円で売却した。

 市美術館は1933(昭和8)年、日本で2番目の大規模公立美術館として開館した。当時の名称は、昭和天皇の即位の大典にちなみ「大礼記念京都美術館」。終戦後、駐留軍の接収が解除された52(昭和27)年から現在の名称となり、京都をはじめとした日本の美術文化の発展に貢献してきた。

この姿が見られるのもあと少し

岡崎公園にある京都市美術館がネーミングライツで
京都市京セラ美術館となることが決定!

すぐ近くの京都会館もネーミングライツでロームシアターとなったし、
これはやっぱり時代の流れなのかもしれないな(´・ω・`)

ただ、京都会館と違って、
戦前からある京都市美術館にネーミングライツを導入は
やはり違和感があるんだよね( ´△`)

しかし、ロームシアター同様に50年50億円の長期契約

なんか次は京都市動物園とか、岡崎グラウンドも
ネーミングライツ導入で名前が変わるのかな?

ただ、この50億円ですが、
意味不明な2車線の道路を1車線にして渋滞を引き起こす
門川市長の無駄遣いにだけはしないでくださいね(`へ´*)ノ

コメントの投稿

非公開コメント

とーはくだと

東京国立博物館が○○ガスとか東電博物館になったら泣くなきっと。
でも東京都美術館だとあり得そうで恐い。

東京なら

しげたつ姉さん
候補としたら楽天とか平気で手を挙げてくる可能性がありそう(´・ω・`)

逆に鎌倉市の海水浴場がネーミングライツを導入した際に、
鳩サブレで有名な豊島屋がネーミングライツを購入
「海はみんなのものだし、企業名はつけなくていい、
清掃費として使ってください。」
と海水浴場はそのままにして、
海水浴場のエンブレムに鳩が泳いでいるのを導入しただけ
と言うかっこいい企業もあります。

この方がよっぽど企業イメージも向上するんですけどね( ̄ー ̄)
プロフィール

関Taka

Author:関Taka
SANGARIAN'Sの管理人代行で京都サンガF.C.サポーター連合会のサンガ応援旗管理委員会のメンバー
普段はゴール裏で関東旗を振っています。
関東在住だけど生まれは京都市左京区
そんなサポーターが書くblogです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チーズスイートホーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
Instagram
リンク
Yahoo!天気情報
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR