亀岡スタジアムの建設予定地変更

亀岡スタジアム建設地変更決定 京都府が市に財政支援へ

 京都府が同府亀岡市で進める球技専用スタジアムの整備計画で、府と同市は24日、環境専門家会議の提言を受け入れ、建設予定地をJR亀岡駅北側の土地区画整理事業地内に変更することを明らかにした。府は、市の土地取得に対して十数億円の枠内で財政支援を行う考えを示した。2017年度中としていた完成予定時期は約2年遅れるとした。

■完成、2年遅れ19年度の見込み

 山田啓二知事と桂川孝裕市長が府庁で専門家会議座長の村上興正・元京都大講師(保全生態学)と面会し、受け入れを伝えた。桂川市長は、新たな建設予定地に関し、土地区画整理事業地の東側約3・2ヘクタールの買収について、全地権者の承諾を得たと明かした上で、提言を受け入れる意向を示した。用地買収は「約34億円が必要で、市の財政が厳しい中、府の協力を頂かないとなし得ない」と語った。

 スタジアム建設に伴う負担額はこれまで府が156億円、亀岡市が50億円としてきた。新予定地の買収費用34億円に対し、同市は最大約20億円しか支出できないとしている。

 山田知事は「(予定地変更で)地下貯水施設などが不要となる分、建設費は十数億円減らせる。捻出できる範囲で市へ財政支援をしたい。現時点では全体の負担額を変えずに建設できる」との認識を示した。仮に事業費が膨らみ、全体の負担額を上回った場合も財政支援を行うか報道陣に問われると「理由による。できない場合もあるかもしれないが、そうならないように努力したい」と述べた。

 環境専門家会議は4月、一帯に生息する国の天然記念物アユモドキへの影響調査に時間を要するとして、予定地の変更を提言した。村上座長は「アユモドキ保全のためにもいい方向になった」と府や市の判断を歓迎した。

 府によると、スタジアム建設工事は約2年かかる。今後、亀岡市の用地買収と並行して設計を行い、17年度内に着工、19年度中の完成を見込む。

駅の隣に移動

アユモドキの問題で建設が暗礁に乗り上げていた亀岡スタジアム

亀岡駅から少し歩いた場所だったのが、
なんと亀岡駅のすぐ真横に建設予定地変更となった!

これは嬉しい誤算なのだが、
予定だと20000人収容となってはいるわけだが、
さらに減ったりするとかないですよね
(゜Д゜≡゜Д゜)


あとは座席についてだけど、やはり
全席背もたれつきにならないかな?

と言うのも、2017年からACLで
背もたれのない座席は座席としてカウントしないと言うお達しが出た!

ACLルール厳格化 川崎F等々力1階席は無観客に

 アジアサッカー連盟(AFC)が17年からアジアチャンピオンズリーグ(ACL)でのスタジアム観客席の規定を厳格化することが23日、分かった。17年から、背もたれ付きの個席以外は観客席として認められない流れになるという。現在、年間勝ち点1位の川崎FはACL出場の場合、本拠地・等々力陸上競技場(2万6232人収容)のサイド、バックスタンドの1階席を空席で戦わざる得ない可能性が出てきた。

 AFCのスタジアム規則では、観客席は「個席で30センチ以上の背もたれがあるもの」とされ、ACL出場には5000席以上、AFC杯は3000席以上が定められている。16年までは「個席を完備したスタジアムの使用を強く勧告」とし、猶予期間になっていた。だが「17年以降は規定は厳密に適用される」と、Jリーグを通じて各クラブに通達があった。規定内の席が5000席あれば開催は可能だが、規定外の席は観客席として認められない可能性が一気に高まった。

 現在、年間勝ち点1位の川崎Fの等々力がピンチだ。ゴール裏は立ち見席で、1階のバックスタンド約3700席は背もたれがない。ACLに出場した場合、1万6000席が規定に当てはまるため開催は可能だが、サポーターが最も盛り上がる1階の約1万席が空席状態となる。特に1階バックスタンドは、得点した選手が真っ先に駆け寄って喜びを分かち合う場所。終盤の逆転劇を支える「等々力劇場」のムードを損なうことになりかねない。

 そこでクラブはスタジアムを所有する川崎市に席の改築を要望した。サポーターも、市長への要望書や署名活動などで「バックスタンド席だけでも背もたれを」と訴えていくという。川崎市側は「検討中」としているが、予算面などクリアすべき課題は多い。

 Jリーグの調査で、川崎Fは10年から6年連続で「地域貢献度1位」の評価を得るなど市民とクラブの一体感が特長だ。サポーター団体「川崎華族」の山崎真さん(36)は「動員が平均2万人を超え、多くの市民が応援している。サッカーだけでなく川崎市内で地域貢献活動なども積極的に行っているクラブへの後押しのためにも、ぜひ背もたれをつけてほしい。サポーターの声も川崎市に伝えられるよう署名を集めることも検討したい」と話している。

 ◆日本のACL出場枠 最新の国際サッカー連盟(FIFA)ランキング、過去4年間の所属クラブのACLと、AFC杯の成績をポイント化したもので決まる。今年はJ1優勝の広島、天皇杯優勝でリーグ2位のG大阪、同3位の浦和が出場権を獲得し、同4位の東京がプレーオフを経て出場した。来年の枠は11月にならないと正式決定しないが、リーグ優勝と天皇杯優勝チームは出場権を獲得し、リーグ2、3位のチームはプレーオフを経て決まる可能性が高い。

 ◆他クラブの状況 年間勝ち点2位の浦和、同3位の鹿島、今季ACL出場の東京は全席で規定をクリアする。同6位の柏は規定の個席が3500席で、クラブは「今後の対応は未定」。


今はJ2にいるわけだが、将来的にACLに出るチャンスがあったら、
これに対応出来ないスタジアムだと試合も開催出来ないし、
今のうちに変更してほしいんですよね?

スコットランドのセルティック・パークはこのような
折り畳み式の背もたれ式シートを採用しているし、
これでもいいと思うんだけどね(;^ω^)


しかし、これで再スタートしても使えるようになるのは
2020年の開幕戦となるわけだ!

本当においらが生きているうちに
亀岡スタジアムは完成するのかな?


これなら西京極のメインスタンドに屋根設置
こちらも早く実施してほしいものです(゜ー゜)(。_。)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

関Taka

Author:関Taka
SANGARIAN'Sの管理人代行で京都サンガF.C.サポーター連合会のサンガ応援旗管理委員会のメンバー
普段はゴール裏で関東旗を振っています。
関東在住だけど生まれは京都市左京区
そんなサポーターが書くblogです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チーズスイートホーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
Instagram
リンク
Yahoo!天気情報
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR