新東名高速道路の愛知県部分が開通

NEXCO中日本、2月13日15時に開通を控える新東名 豊田東JCT~浜松いなさJCTを公開

 NEXCO中日本(中日本高速道路)名古屋支社は2月4日、2月13日に開通予定となっている新東名高速道路 豊田東JCT(ジャンクション)~浜松いさなJCT間の報道関係者向け現場見学会を実施した。

 同区間は2014年度の開通を目指して工事が進められていたが、「複数の切土のり面で地滑りの兆候や大規模な崩落が発生したこと」「自然由来の黄鉄鉱・重金属を含んだ土砂が推定以上に大量発生したこと」「橋梁基礎の沈下が発生したこと」により、工期を延長していたもの。当初、新たな開通時期として2015年度末を見込んでいたが、1カ月ほど前倒しされ2月13日開通となった。

 開通予定まで1週間あまりとなった現在、工事の進捗状況は「ほぼ100%に近い99%以上」とのことで、現在は設置機器の点検や調整、SA(サービスエリア)内の色付き舗装など、仕上げを行なっている段階だという。

 今回の開通により新東名高速道路は愛知県、静岡県内の約200kmがほぼ完成。御殿場JCT~豊田東JCT間において、従来からある東名高速とのダブルネットワークが形成されることになる。事業化が決定済みの残る御殿場JCT~海老名南JCT間、約53kmは2018年度から2020年度に開通する予定となっている。

今週末に開通

いよいよ新東名高速道路の豊田東JCT~浜松いなさJCT
今週末の2月13日に開通となる。

これが開通すると今までは御殿場JCT~豊田JCTが
180分かかっていたのが、120分と大幅に短縮となる。

実際には距離としては800メートルしか短くなっていないのに、
どうしてこんなに早くなるのでしょうか?

理由は今までの東名高速道路の三ヶ日JCT~豊田JCT間が
非常に走りにくい道だからである。

カーブは非常に多いし、2車線を強引に3車線にしたために
最高速度が60キロとめちゃくちゃ遅いのである。

さらには音羽蒲郡や岡崎での慢性的な渋滞
これがさらに通過するのに時間がかかるし、
土日の日中にここを走っていて
渋滞に逢わなかったことなんてほとんどない。

それだけに、今回の新東名高速道路の愛知県部分の開通は
渋滞解消になるし、本当に待ち遠しかったのである。

恐らく京都から関東方面に行く場合は、
この新東名高速道路を使うことになるわけですが、
今までよりもかなり早く移動が出来るようになると思う。

まずは第2節町田ゼルビア戦の遠征で
車で行くサポーターは
この道を利用して快適な遠征となるようにしてほしいものです。

あっ、もちろんかたつむり大作戦
無理のない運転で行きましょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

関Taka

Author:関Taka
SANGARIAN'Sの管理人代行で京都サンガF.C.サポーター連合会のサンガ応援旗管理委員会のメンバー
普段はゴール裏で関東旗を振っています。
関東在住だけど生まれは京都市左京区
そんなサポーターが書くblogです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チーズスイートホーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
Instagram
リンク
Yahoo!天気情報
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR