昌さん引退発表

今年は和田、小笠原、朝倉、谷繁と
引退を発表する選手が多かったドラゴンズ

とうとうこの選手も引退を発表した!

中日ドラゴンズ・山本昌広のページ - nifty

決断しました

2015年9月25日


今シーズン限りでユニホームを脱ぐことを決めました。8月の登板で故障して以来、どうするべきか悩みに悩みましたが、きのうチームの今季本拠地最終戦でナゴヤドームに行き、若返りを推進しているドラゴンズの現状を目の当たりにして、ボクが残ったらダメだと強く感じ、引退を決めました。落合GMからは先日、「自分で決めろ」と言われましたが、やるかやらないかを決めるのではなく、だれもやめろとは言わないので、自分で決断しなさいという意味だったのだと、今は理解しています。モイヤーの大リーグ最年長勝利記録の更新や、50歳登板というみなさんに期待していただいたことを実現できなかったのは残念ですが、ボク自身は心を決めた今、とってもすっきりしています。きょう、白井文吾オーナーに報告させていただいたので、最近はあまり更新できませんでしたが、開設以来18年間もお付き合いいただいたこのホームページをご覧のみなさんには早くお伝えしたいと思い、こうしてお知らせしています。とにかく、ファンのみなさんのご声援がなければ一歩たりとも進めなかった32年間でした。感謝、という言葉しか、思いつきません。こんな幸せな野球人生は、生まれ変わっても二度と送れないでしょう。また、この決断へ至るさまざまなことは、もしかしたら最後になるかもしれない「エッセイ」で、お話しさせていただきます。本当に長い間、ありがとうございました。


50歳の山本昌がとうとう引退を発表!

プロ生活32年の大ベテランが
とうとうユニフォームを脱ぐことになった。

日大藤沢高校からドラフト5位でドラゴンズに入団

前年まで小松辰雄がつけていた背番号34が空いていたために、
この背番号をつけることになった。

ちなみに1984年のドラフトの同期と言えば、
1位:藤王康晴
2位:仁村徹
3位:三浦将明
4位:山田和利
5位:山本昌広
6位:清水治美

今から思うと凄いメンバーだったんだよな…

そしておいらはまだ小学4年生でしたが、
地元の藤沢の高校から入団した投手で期待していた。

考えたら1985年の映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
パート2では1985年の世界から2015年の未来に行くのですが、
30年後の世界でも同じ選手がプレーしているなんて、
さすがにこの時には
想像さえできなかっただろう!

未だに忘れられないのは2006年9月16日
この日はサンガは唯一の完封勝利試合
その後四条烏丸のHUBで飲んでいたら
山本昌がノーヒットノーラン目前
9回も3人で抑えて
史上最年長でのノーヒットノーラン達成!

自分の誕生日をサンガの勝利と昌さんのノーヒットノーランで
トリプルの喜びとなった最高の1日でした。

その後もプロ野球最年長勝利も達成したし、
様々な最年長記録を塗り替えてしまった。

本当に長い間お疲れ様でした。

32年間お疲れ様でした

それと、ドラゴンズは絶対に
背番号34を永久欠番にしろよ!

ファンサービスが全く出来ない球団でも
それくらいの誠意は見せてもいいと思うぞ!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

関Taka

Author:関Taka
SANGARIAN'Sの管理人代行で京都サンガF.C.サポーター連合会のサンガ応援旗管理委員会のメンバー
普段はゴール裏で関東旗を振っています。
関東在住だけど生まれは京都市左京区
そんなサポーターが書くblogです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チーズスイートホーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
Instagram
リンク
Yahoo!天気情報
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR