もっと使いやすい地下鉄に

全国一早い終電…京都市営地下鉄が延長検討 課題は採算

 京都市交通局が、地下鉄の終電時間を延長する検討に入っている。全国の公営地下鉄の中で終電が一番早く、市議会からは利便性向上を求められている。しかし、30分延長すると年間2億円の経費が増えるといい、全国で最も経営状態が悪いだけに簡単には決断できない。乗客の多い金曜だけでも延長できないか、思案している。

 京都市営地下鉄では、平日・休日とも東西線六地蔵駅に午前0時19分に到着する電車が最も遅い。他の全国八つの公営地下鉄と比較すると、大阪市より約20分、神戸市より約45分早く運転が終了する。JR大阪駅からは午後11時発の新快速に乗らないと、京都駅で烏丸線国際会館行き終電に間に合わない。経営状態の厳しさが理由だが、市議会から「せめて他都市並みにならないか」などの声が出ている。

 問題は費用だ。京都市営地下鉄は国から経営再建を義務付けられる健全化団体に指定され、赤字経営が続く。30分間終電を延ばした場合、人件費や電気代、保守点検時間の短縮による人員増などで年間2億円コストが増える。採算をとるには烏丸、東西線の終電(上下線計4本)に計2800人の乗客が必要だが、今年1月の調査では今の終電乗客は週平均1400人程度だった。

 浮上しているのが、夜遅い時間帯の利用客が見込める金曜限定の延長案。仙台市と名古屋市が導入し、京都市の調査でも金曜日は週平均の1・5倍にあたる2100人が利用していた。最大会派の自民党市議から提案があり、「増客が見込める部分は工夫すべき」と導入を迫った。

 ただ、昨年7月から金曜だけ45分間延長した名古屋市の終電客は約200人で、採算ラインの7分の1以下。「金曜日も通常の終電時間帯に客が集中している。金曜だけ異なるダイヤにしてもPRが行き届かない」(同市担当者)という。京都市も終電時間は7年半、変わっておらず、乗客増につながるかは不透明だ。

 京都市交通局は「終電を延長しても採算がとれない」とみる一方、利便性の向上により「将来の増客につながる」「繁華街ににぎわいが生まれる」などの期待もある。土田稔高速鉄道部担当部長は「経営的には厳しいが、何とか終電延長できるよう、局を挙げて考えている」としている。

終電が早すぎる

京都市営地下鉄は実家が東西線沿線なので利用します。
例えば京都駅に行こうとする場合は、
市バスだと渋滞にはまる可能性もあるし、いつ着くか分からない。

しかし、京都市営地下鉄ならダイヤ乱れは滅多にないし、
京都駅にもわずか15分程度で行けるのも実に便利!

また、朝も早くから走っていて、
夜行バスで京都駅に着いても、烏丸線と東西線を乗り継いで
早い時間に帰ることが出来る。

逆に終電の早さは正直いただけない(´-ω-`)

京都駅を発車する烏丸線の国際会館行きは23:47が終電

恐らく東海道新幹線の新大阪行きの終電が23:31着

これに合わせてゆっくりしたダイヤだと思うが、
東海道線はあまり考慮していないんでしょうね。

4月にジェットスターで成田、関空経由で帰ってきた時も
深夜0時半前に京都駅に着いたが、既に京都市営地下鉄は終電終了…

京都駅から京阪の七条駅まで走って、京阪の終電に乗って帰った。

もし、京都市営地下鉄の終電が遅かったら
もっと楽に帰れたんだけどね(-_-;)

京都市もお金が厳しいのは分かりますが、
是非とも終電の延長をご検討くださいm(__)m

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

関Taka

Author:関Taka
SANGARIAN'Sの管理人代行で京都サンガF.C.サポーター連合会のサンガ応援旗管理委員会のメンバー
普段はゴール裏で関東旗を振っています。
関東在住だけど生まれは京都市左京区
そんなサポーターが書くblogです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チーズスイートホーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
Instagram
リンク
Yahoo!天気情報
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR