王将の社長狙撃される

「王将」社長 撃たれ死亡 山科の本社前、胸など3カ所

19日午前7時ごろ、京都市山科区西野山射庭ノ上町の「餃子の王将」を展開する王将フードサービス本社前で同社の大東(おおひがし)隆行社長(72)がうつぶせで倒れているのが見つかった。大東社長は拳銃のようなもので撃たれたとみられ、右胸の1カ所と左腹部の2カ所に傷があり、市内の病院に運ばれたが、約1時間後に死亡した。現場に薬きょうが複数個落ちていた。京都府警捜査1課は殺人事件として捜査、午後に山科署に捜査本部を設置する。東証1部上場の企業トップが殺害されるのは異例。

山科署や市消防局によると、出勤してきた男性従業員(58)が「社長が倒れて意識と呼吸がない」と119番した。社長の衣服にはにじむ程度の出血があり、救急隊員らが駆け付けると従業員が人工呼吸していた。同署は、社長へのストーカーや嫌がらせなどの情報は現在のところ把握していないといい、犯人は拳銃のようなものを持って逃げているとみられ、府警は、社長の周囲にトラブルがなかったか会社関係者から事情を聴く。

 同社経営企画部などによると、大東社長は普段は毎朝、山科区西野大鳥井町の自宅から自分で社用車を運転して出勤し、会社前の掃き掃除などをするのが日課だった。周辺住民によると、大東社長は通勤に使ったとみられる車の東側で倒れ、胸から血を流していた。従業員らしき人が声を掛けながら心臓マッサージをしていた、という。

 大東社長は大阪市出身で、関西経理専門学校を中退。中京区の四条大宮で義兄が1967年に創業した「王将」に69年に入店。74年の会社設立を経て、84年に取締役就任。専務、副社長などを経て2000年から社長。

 現場は市営地下鉄椥辻駅の西約1・5キロの田んぼや工場に囲まれた住宅街。


<王将フードサービス> 1967年、京都市中京区の四条大宮に「王将」の商号で1号店を開店。「安くて、早くて、うまい」を経営理念に掲げ、餃子を中心に低価格の中華料理で人気を集め、74年に会社組織を設立。77年、本社を山科区の現在地に移し、90年に現在の商号に変更した。12月現在の店舗数は直営店が中国の4店舗を含め458店舗、フランチャイズが226店舗。従業員数は約1900人。95年に京証と大証2部に上場、現在東証1部上場。2013年3月期決算は、売上高約743億円、経常利益約90億円。


このニュースを聞いて本当に驚きました。

京都が誇る安くて美味しいあの餃子の王将の社長が
拳銃で撃たれて死亡と言うのはショックすぎる。

おいらにとって餃子の王将と言えば、
関東在住で京都に帰省した時に祖母を含めた家族で
北白川店に行くのが楽しみでした。

また、高校3年生の時には、
おいらは平日に予備校に行かずに
日曜日に東京の水道橋にある予備校に行っていました。
その際に昼食に水道橋店に行くのが楽しみでした。

と言うのも当時は関東には水道橋にしか餃子の王将がなく
そこで京都の味を楽しんでいたりしました。

現在では関東でも店舗が増えたけど、
やっぱり水道橋店の餃子の王将は好きなんだよなぁ。

王将と言えば、昔の西京極でのサンガの試合では、
担架が赤く白文字で餃子の王将と書かれていた。

今では他のスタジアムでもやっているけど、
担架に広告を入れると言うのはサンガが初めてだったんじゃないかな?

そんな大好きな餃子の王将の社長が殺されるなんて
実に許しがたい行為。
1日も早い犯人の逮捕を望みます。

写真は藤沢駅前の餃子の王将
餃子の王将
最近はなかなか行く機会がないけど、餃子食べたいなぁ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

関Taka

Author:関Taka
SANGARIAN'Sの管理人代行で京都サンガF.C.サポーター連合会のサンガ応援旗管理委員会のメンバー
普段はゴール裏で関東旗を振っています。
関東在住だけど生まれは京都市左京区
そんなサポーターが書くblogです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チーズスイートホーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
Instagram
リンク
Yahoo!天気情報
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR