結局、補強できませんでした

今季途中補強 サンガ見送り

サッカーJ2の京都サンガFCは8日までに、今季途中の選手補強を行わないことを決めた。宮吉の故障やサヌの不調、久保のスイス移籍を考え、FWを中心に獲得を検討していたが、即戦力となり得る選手がいなかったほか、現有戦力を重視する大木武監督の意向を踏まえたという。
今井浩志社長が京都新聞の取材で明言した。Jリーグでは、シーズン途中の移籍期間が一部の例外を除いて決まっており、今年は7月19日から8月16日まで。サンガは5月ごろから欧州とブラジル、韓国にスカウトを送り、交渉を進めていた。
今井社長は、育成型クラブを推進する方針を強調したうえで、「どうしてもほしい選手がいなかったり、いいと思った選手が他のクラブに行った」と説明。資金面を含めて獲得に問題はなかったが、大木監督も「年初に編成したチームで」との思いを強く持っていたことから結論を出したという。


結局、補強すると言いながら補強は出来なかったのね。
久保の海外移籍で結局は戦力ダウンなんだけど、
その穴は宮吉とサヌの復帰と考えればいいのか?

本当に昇格したいと言う気が見えなくて不安になってしまうのもある。

ただ、腹を括らなきゃいけないのかな?

これはサポーターだけでなく、大木監督と今井社長もそうなんですよ。
大木監督と今井社長は昇格できなかったら辞任は必至でしょうな。

まずは明日の愛媛戦で勝ちましょう!
後半戦

コメントの投稿

非公開コメント

公平に

 社長は「補強を検討する」と言ってたのですよ。

 「補強する」なんて断言していません。

 検討した結果、補強しないのです。

 そして経緯も発表しました。

 何も間違ってません。

氷の太陽さんへ

社長が補強を検討するだったのですね。
でも、サポーターからしたら今の状態ではまずいし補強して欲しいとは思っていたんです。
残り3分の1でどうするか気になりますね。
プロフィール

関Taka

Author:関Taka
SANGARIAN'Sの管理人代行で京都サンガF.C.サポーター連合会のサンガ応援旗管理委員会のメンバー
普段はゴール裏で関東旗を振っています。
関東在住だけど生まれは京都市左京区
そんなサポーターが書くblogです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チーズスイートホーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
Instagram
リンク
Yahoo!天気情報
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR