やっぱり佐藤隆治はダメ審判

浦和・興梠V弾、やっぱりオフサイド

11日に行われたJ1浦和‐鹿島で、FW興梠が挙げた浦和の2点目について、日本サッカー協会が14日、誤審を認め、オフサイドでノーゴールとするのが適切だったと認めた。公式記録は訂正せず、判定について抗議したMF小笠原、FWダビが受けた警告も取り消されない。Jリーグの公式戦の1プレーについて日本協会が誤りを認めるのは異例だ。

問題のシーンは、1‐1で迎えた後半33分。左サイドから浦和のMF梅崎が上げたクロスに興梠が頭で合わせた。興梠が相手守備ラインよりも鹿島ゴール寄りの位置でプレーしていたように見えたため、鹿島の選手は「鹿島のどの選手が興梠よりもゴール寄りに残っていたのか」と判定の説明を求めて審判団に詰め寄った。さらに、場内でもゴールシーンのリプレー映像が流されたため、事態が混乱した。

試合後、鹿島の複数の選手やスタッフが審判側から「興梠が触っていればオフサイドだった」という説明を受けたと証言している。明確に興梠がシュートを放っている事実と食い違うため、鹿島側や観衆の不信感を招いていた。

この日、都内のJFAハウスで日本協会の上川徹審判委員長は「オフサイドで得点は認められるべきではなかった」と誤審を認めた。

ミスが生まれた背景について「主審はオフサイドではない位置から飛び出したと判断した。副審は興梠がボールに触れていなかったと判断した。一番大事なのはその場で確認しておくことだった。ちゃんとしていれば、オフサイドの判定ができたのでは」と釈明した。協会側は判定にかかわった主審と副審には再発防止の指導をしたというが、罰則を科す予定はないという。

微妙な判定の際には、競技場内でリプレー映像を流さないようにすることも各クラブに求めた。なお、リプレー動画を受けてサッカーの主審が判定を覆すことは規約上認められていない。


誤審でした
11日に行われた浦和レッズ対鹿島アントラーズ戦の興梠のゴールが
オフサイドだったのにゴールを認めてしまった事件。

今日、日本サッカー協会が誤審を正式に認めましたね。

この日の主審だったのはあの佐藤隆治

サンガサポーターとしては忘れられないあの試合。
2008年4月のアルビレックス新潟戦。

矢野貴章の演技に騙されて、
シジクレイ、増嶋、アタリバが次々に退場。
さらには当時の加藤久監督まで退席処分となるあり得ない試合。

その時の主審が佐藤隆治!

あれから5年経過しても何も変わっちゃいないんですな。

試合の判定や誤審の後に小笠原とダビに出した
イエローカードは覆ることはないが、
誤審をした佐藤隆治を担当から外したり、
研修に行かせることはまだ可能。

出来ればこいつの主審の資格を剥奪してほしい!
と思うのはおいらだけではないはずだろう(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

それより明日の菓子杯

佐藤は何度も泣かされてるしあの試合も誤審のくくりで言うならレッズの宇賀神が負傷退場も審判団が接触プレーに厳しく注意しないから結果可哀想な事に。
ぶっちゃけアレは決まっても決まってなくても今のうちだと追いかけるのは厳しかったかも?
慎三ちゃんを責めるのは筋違い。
負けた腹いせをあの子にいつまでもぶつけたって仕方ないのに大人げない
もう明日試合なんだからホント頑張ってくださいなと言いたい。

選手に罪はないのよ

しげ姉
そりゃ、あの雨とたくさんの観客がいるのに選手は必死でやっていたと思います。
それに水を指した佐藤隆治が悪いと思う。
おまけに興梠だってゴールを決めたのに自ら
「今のゴールを取り消して下さい。」
なんて言えるはずもない。

とりあえず、審判の技術向上を願うばかりです。

佐藤は本当に研修におくるべきです。

甲府対川崎戦でも明らかにペナルティエリアの外なのにPKをとりましたからね
しかも線審も見えやすい位置だったのに

未だに誤審力は健在みたいですよ。
https://twitter.com/daiki_sanfre/status/838925897319120896
プロフィール

関Taka

Author:関Taka
SANGARIAN'Sの管理人代行で京都サンガF.C.サポーター連合会のサンガ応援旗管理委員会のメンバー
普段はゴール裏で関東旗を振っています。
関東在住だけど生まれは京都市左京区
そんなサポーターが書くblogです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チーズスイートホーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
Instagram
リンク
Yahoo!天気情報
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR