アズヴェール藤沢

藤沢駅に貼られていたこのポスター
藤沢から目指せFリーグ
なんと地元の藤沢から
Fリーグ入りを目指すフットサルチームがあるらしい!

その名はアズヴェール藤沢

公式サイトをチェックすると、

クラブ名の由来
フランス語「Azur(アズール)」・・・青、「Vert(ヴェール)」・・・緑2つの言葉を組み合わせた造語です。 神奈川県藤沢地区を
主な活動拠点としているので、湘南の海と自然の緑を取り入れました。 Azvert Fujisawaはフットサルを通じて地域に根ざした
活動を提案します。地域の人々による地域のための”誰もが楽しめるクラブ”を目指します。


なるほど、と言うわけなんですな(  ̄▽ ̄)

現在は神奈川県1部リーグでプレーしていて、
将来的にはフットサルの日本最高峰のFリーグに昇格してほしい!

そんなアズヴェール藤沢の活躍を
期待しておりますヽ(・∀・)ノ

バキ4年間ありがとう

今日はサンガの外国人選手の契約満了を発表

契約満了選手のお知らせ

バヤリッツァフェホ

バキは2012年からサンガに加入して、常に守備を纏めていてくれた。

また、激しいプレーながら、いつもニコニコしていて
サポーターへのファンサービスを忘れない陽気なセルビア人

今年限りで引退なんて噂があったが、
来年もまだやるから契約満了なのかな?

バキの新天地での活躍を期待しています。

次にフェホ

正直、磐田戦の同点の起点となるクロスしか印象にない…

リーグ戦では無得点のフォワード
197センチの長身もほとんど生かせずに
ただ所属していただけの典型的なハズレ外国人

しかし、来年は39歳になる金南一と
病気が治る気配のないダニエル・ロビーニョ

この2人は残すわけですか?そうですか?

来年は新外国人には期待出来そうもないし、
まずは強化部のスタッフ獲得
から始めてくださいヽ(´ー`)ノ
バキありがとう

行ってこい駒井

昨日ですが、以前から噂になっていた
駒井の移籍が発表された(T_T)/~~~

駒井善成選手 浦和レッズへ完全移籍のお知らせ

本人としてはサンガ残留か、
浦和に移籍かをかなり悩んだに違いない

そのことについては公式サイトにてメッセージが出ている

駒井善成選手よりファン・サポーターの皆さまへ

本日、クラブより正式にリリースがあったとおり、今回、浦和レッズに移籍することを決断しました。

一部報道が出てから今日に至るまで、ファン・サポーターの皆さまには不安な気持ちだったり、心配をさせてしまう時間が長く続き、まずは申し訳ない気持ちでいっぱいです。

“駒井善成”というサッカー選手を作り上げてくれたのはまぎれもなく、この京都サンガF.C.というクラブであり、このクラブがなければ今の自分も存在していないと思っています。

僕は京都生まれ、京都育ちです。もちろんこの街も人も全部が大好きで、これほど居心地の良い、安心できる場所はないと思っています。サッカー選手としても京都サンガF.C.以外でプレーしたことはないですし、このクラブでの自分の立場も理解していただけに、自分自身、移籍という決断を下すまでに、本当に悩んで悩んで悩み抜きました。

今回、オファーを頂いた浦和レッズには日本代表選手が数多く在籍しています。ポジション争いも激しく、試合に出れる保証がないことは覚悟しています。ただ、その厳しい環境に身をおき、熾烈な競争に勝ち抜いていくことで、サッカー選手としてだけでなく、ひとりの人間としてもさらに成長していけるのではないかという思いが自分の中で強くなり、また、ここ数年、同世代や下の世代の選手たちが日本代表やJ1で活躍している姿にも大きな刺激を受け、ひとりのサッカー選手として彼らに負けたくない、という気持ちがあったことも決断理由のひとつです。

正直、今回の移籍が正しい決断だったのかどうかは分かりませんが、自分は正しい道だと信じていますし、挑戦する道を選びたいと思いました。すべては今後の自分の努力次第だと思っていますし、これまでと変わらず、日々のトレーニングから全力で打ち込み、精進していきたいと思っています。

これまでの自分に関わって頂いた指導者の方々には本当に恵まれたと思っています。生意気だった僕をいつも正しい道へと導いて頂き、本当に感謝しています。京都の指導者の方々は日本で一番であり、最高の指導者です。また、今回の移籍に際し、クラブ関係者の方々も全力で慰留して頂き、深い愛情を感じましたし、とても嬉しかったです。

そして最後にファン・サポーターの皆さまへ。



ユース(U-18)からトップに昇格させて頂いてからの5年間、チームをJ1昇格へ導けなかったことは本当に心残りで、ファン・サポーターの皆さまには申し訳ない気持ちでいっぱいです。

小学4年生の時に京都パープルサンガジュニアの選手としてこのクラブの門をたたき、13年間、うまくいかない時も常に前向きな言葉をかけて下さったサポーターの皆さまには感謝をしてもしきれません。ホームでもアウェイでも、強い雨が降っている時でもどんな時でも熱い声援を送り続けて頂き、皆さまの声援がなければ僕はここまでくることは出来なかったと間違いなく言えます。皆さまがいてくれたからこそ選手として頑張ってこれたと思っていますので、本当に感謝しています。

今シーズンの最終節(11/23vs.水戸@西京極)、正直、不安な気持ちを抱え、西京極に足を踏み入れましたが、まさかあんなにもたくさんの横断幕を出して頂けるとは思っていなかったですし、愛情溢れるメッセージの数々に心が打たれ、正直、試合前から自分の感情を抑えるのに必死でした。あの横断幕を見た時、僕はサポーターの皆さまに支えられながら成長してこれたんだなと改めて感じることが出来ましたし、ともに闘ってきたことを肌で感じることが出来、自分の人生にとって、一生忘れることのできない、一番嬉しい出来事となりました。

このクラブは僕にとって、かけがえのない場所であり、通い慣れたこのクラブでの思い出すべてが自分自身にとっての財産です。皆さまから与えて頂いた思いは絶対に忘れることはありませんし、今後は京都サンガF.C.のサポーターとして応援し続けます。

新たな地でのプレーに正直、不安な気持ちやプレッシャーもありますが、京都で教わったことを胸に、これからも謙虚に頑張っていきたいと思います。

最後に長い間、本当にありがとうございました。


ここまでいろいろと言ってくれるなんて
駒井本人よりも、彼を留まられられなかった
京都サンガF.C.と言うチームに対して悔しさを感じる。

生まれも京都、育ちも京都
小学校4年生の10歳から約13年間も紫のユニフォームを着続けて
生涯サンガを宣言していた。

そして、チームがどんな状況になっても不平を言わずに
ずっと戦っていてくれて、今年は途中からキャプテンに就任

そんな駒井だからこそ、最後にこのようなことを企画してくれた!

12/13(日)「感謝の会」実施のお知らせ

感謝の会で大城と一緒に最後のファンサービスを実施

今までのサンガのサポーターに対して最後の御奉公になるはず

来年からは浦和レッズと言うビッグクラブのユニフォームを着るわけだが、
中途半端なプレーなどはしないで活躍してほしい。

もちろん、目指すからには青い日本代表のユニフォームを着て
京都出身と言うところをアピールしてほしい

さらに欲を言えば、最後はサンガに復帰して
今まで培ったものを若い選手たちに分けてもらえばと思う。

さぁ、行ってこい駒井善成
この横断幕は帰ってくるまで
保管しておくよ!

浦和でも活躍してくれ

お礼の品が届きました

数日前ですが、自宅に荷物が届きました。
荷物が届いた
長崎県大村市から届いたこの荷物

なんとペンタこと
中村祐哉のお母様から送っていただきました。

夏にレジェンドマッチに参加して引退試合となったペンタ

彼の横断幕をご両親に送ったお礼というわけです。

お菓子を送っていただいたわけですが、その中身をご紹介

まずは島原銘菓ラッキーチェリー豆
ラッキーチェリー豆

続いて文明堂銘菓詰め合わせ
文明堂銘菓詰め合わせ
こちらはカステラなどが入っておりました。

さらには焼酎ゆふいんの森
焼酎ゆふいんの森
鉄ちゃんであり、お酒が好きなおいらとしては
この焼酎はめちゃくちゃ嬉しい((o( ̄ー ̄)o))

最後にお菓子などと同封してあったお母様からのお手紙
お母様からの手紙
手書きでお礼の言葉を綴っていただきました。

短い選手生活だったかもしれないが、
今まで見た選手の中で
一番魂を感じるプレーをしていた。

サンガサポはいつまでも
ペンタのことは忘れませんからね!

関ちゃんの白河観光

昨日は福島ファイヤーボンズ対京都ハンナリーズの試合前
白河観光をしていました。

とは言っても、白河の関は駅から遠いし、
手軽に観光出来ると言ったら白河小峰城

白河駅のすぐ近くにあるしアクセスは最高!

ただ、改札口とは逆の方向にあるから地下道を歩いて約10分

まずは藤門から入場ですよ。
藤門

入るとこんな看板が!
毎週金曜日に測定らしい
毎週、放射線量を測定していてその数値が書かれている。

これを見ると福島県にいると感じるんだよね…

歩いていると石垣があるが崩れている( ̄□ ̄;)!!
石垣が崩れていた
これは2011年の東日本大震災で石垣が崩れたために
現在は修復工事をしている。

東日本大震災以降は三重櫓なども傷んでいたため、
2015年春まで入ることも出来なかったらしい。

まだ、入れるようになって1年も経っていなかったし、
東日本大震災の爪痕がこのような場所で見られるとは(´-ω-`)

また、石垣は修復されている場所もあり、
ご覧のような立派に積み上がった高い壁となっている。
まさに石の垣根

険しい石段を登って、ようやく三重櫓にたどり着いた!
三重櫓

こちらは本来の入り口である前御門
前御門

まだ、石垣の修復工事をしている影響で
直接は通れない(>_<)

さて、三重櫓の中に入りますよ!
入場無料がありがたい
しかし、入場料が無料と言うのは嬉しかったりするヽ( ̄▽ ̄)ノ

しかし、この三重櫓は小さいのだが高さはかなりある。

と言うわけで階段もものすごい急勾配
急勾配な階段
これを手すりや縄を持ちながら歩かないと
非常に怖い((((;゜Д゜)))

三重櫓の一番上にどうにか着いた!
ここが一番上
三重櫓の一番上は最大5人しか入れないし、狭いんだよね( ̄▽ ̄;)

一番上から見た白河市内の風景
白河市内を一望

最後に小峰城城郭復元基金寄付金を募っていたので、
入場料の代わりに寄付をしてきました。
募金はしておこう
駅前にあるし、入場料は無料だし、公園も広いし、
福島に行かれるなら
行ってみてください(゜ー゜)(。_。)

白河の関を越えろ!福島ファイヤーボンズ対京都ハンナリーズ戦後篇

いよいよティップオフ
ティップオフ

1Qはお互いに探るような展開で福島12-10京都
1Q

2Qは一度は追い付くが、再び引き離されて苦しい展開
福島30-24京都
2Q
特に福島のバン・トリースを抑えることが出来ないのが
苦しいねぇ(´Д`)

3Qに入り、一時は11点差まで広がったが、
少しは持ち直して福島49-42京都
3Q

また、3Qからはチアリーダーも普段の衣装に衣替え
セクシーに踊る♪

4Qに入り、ハンナリーズが徐々に点差を縮める。

そして残り47秒でついに同点とする。
運命の4Q

そして残り2.9秒
福島61-60京都でファウルがあり、
ハンナリーズに2回のフリースロー

パルマーのフリースロー1回目
1本目
これが入り同点

続いてフリースロー2回目
2本目も決まり逆転
これも決まってついに逆転!

残り2.9秒でも気が緩むことなく試合終了
福島61-62京都
逆転勝利
勝った瞬間にブースターと抱き合ったり大喜び

浜口炎HCは熱い試合に大泣き
そして瀬戸山ももらい泣きしてハイタッチ
みんな大興奮!!!

本当にみんなかっこよかったよ!
これで8連勝

最後はファイヤーボンズのチアリーダーが試合を締めて終了!
チアリーダーが締める


帰る前にスコアボードを記念撮影(*´∀`)♪
記念に撮影しておく!
いやぁ、本当に劇的勝利で感動したんだよ!

試合後には2階席で見ていたソルジャーこと片岡大晴が挨拶
上からソルジャー
今は仙台89ersでプレーしていますが
写真がぶれちゃった(^_^;)

試合後は出待ちをしてから急いで白河駅に移動

新白河駅近くのかづ枝食堂で祝勝会
からしタンメンを食べて再び白河ラーメンを堪能でした。
からしタンメンが熱い

そして帰りも東北新幹線なすのだが、グリーン車
帰りはグリーン車


座席も広いし、フットレストもあるし快適~♪
快適なシート♪
さらにはFree Wi-Fiもあるし最高すぎる\(^o^)/
ゆったりとくつろぎながら帰るのでありました。

しかし、福島ファイヤーボンズは
本当に強かった…

なんか、2日とも辛勝で
白河の関を潜り抜けた感じかな?

出来れば有明コロシアムで再び戦いたいですね。
本当に薄氷の勝利

白河の関を越えろ!福島ファイヤーボンズ対京都ハンナリーズ戦前篇

昨日は同窓会で飲んでいて、二次会も含めてしこたま飲んでいたら
深夜1時前に帰ってきたのである(; ̄ー ̄A

翌日は早朝4時半に起床したのだが、
いろいろのんびりしていて7時過ぎに出発

8時半前の東北新幹線なすのに乗車します!
久しぶりに東北新幹線
ちなみにE5系に乗るのは初めてだったりする。

大宮手前では富士山がくっきり見えたりするのである。
埼玉県から富士山が見える

約80分ほどで新白河駅到着!
新白河駅

新白河駅の中には白河の関があったりする。
駅の中に白河の関

ここから東北本線に乗り換えて隣の白河駅を目指します。
東北で活躍する701系

白河駅到着!
白河駅
なかなかお洒落な駅舎なんですな(  ̄▽ ̄)

また、白河市のキャラクターで
しらかわんと言う可愛い犬がいる!
しらかわん


白河に着いたので、まずは観光で近くの
会津小峰城に行ってきたのである。
試合前に寄り道
この観光については後日( ̄∇ ̄*)ゞ

続いて早めのお昼
会場の白河総合体育館に向かう途中にある田中屋
試合前に腹ごしらえ

こちらで白河ラーメンを食べるわけです。

注文したのはチャーシューワンタンメン
チャーシューもワンタンもたっぷり
チャーシューもたっぷりだが、その下に敷き詰められたワンタン
さらに柔らかく茹でた麺と醤油ベースの白河ラーメン

お店も開店と同時にお客さんが来ていました。

さらに歩いて白河総合体育館到着!
白河中央体育館

こちらが会場となるわけです。
中は暖房が効いている
しかし、土足厳禁のために、
自宅からトレーニングシューズを持ってきたのである。

最前列には
京都ハンナリーズ
ブースターの皆さん
福島にようこそ!

とお出迎えのボードがあるのが嬉しいo(^o^)o
おもてなしボード♪

福島ファイヤーボンズのマスコットのボンズくん
ボンズくん
名前なだけにホームランを打ちそうですが(^_^;)

試合前にはボンズチアリーダーのパフォーマンス
レディサンタがたくさん!
12月なのでサンタの衣装を着てのパフォーマンス

両チームのアップ開始!
選手達登場

シュート練習も次々と決まります。
シュート練習
果たして福島に連勝して
白河の関を越えられるか?

後篇に続きます

同窓会

今日は同窓会で七里ヶ浜駅にやって来ました。
七里ヶ浜駅
こちらが母校
母校の入口
周辺は全く変わらない…

七里ヶ浜から見た江ノ島
遠くに江ノ島が見える
晴れていたこともあり伊豆大島がくっきりと見えるのである。
伊豆大島も見える
今日はたっぷりと飲みましたよ!

オフですが福島県へ行ってきます

Jリーグもレギュラーシーズンが終わり約10日ちょっと

突然ですが、週末は福島県に行ってきます。

今年はJ2に東北のチームがいなかったし、
今年初めての東北だったりする。

行き先は福島県白河市

福島県南部で、ちょっと南に行けば栃木県だったりする。

往復共に東北新幹線とちょっとリッチに移動v( ̄Д ̄)v
往復ブル電
さらには帰りはグリーン車だったりします。

実はこの切符
JR東日本のえきねっとでの購入で、トクだ値35と言う
35%引きの限定だったりするわけです。

行きの普通車は発売1ヶ月前に取れたものの、
帰りの普通車は既に完売となっていて取れずorz

しかし、帰りはまだ15%引きの普通車と35%引きのグリーン車があり、
比べたら35%引きのグリーン車の方が安かったのでした。

あと、向かう先は白河総合体育館で、bjリーグの
福島ファイヤーボンズ京都ハンナリーズ

今シーズンは関東でのハンナリーズの試合がないために、
一番近い白河に行ってくるわけです。

ちなみにチケットはセブンチケットの取り扱いがないために、
福島ファイヤーボンズのオンラインショッピングの
ボンズチケットで購入してみた。

はい、サッカーだろうが、バスケットだろうが、
店頭発券手数料を払いたくない会としては、
やはり店頭発券手数料なしで
チケットを買うわけですv(・∀・*)


当日は年1回の水色の人になりますので、
応援頑張ってきますね。

ちなみにハンナリーズは現在は通算199勝
この週末に通算200勝が達成出来るといいですよね!
しかし、その前に、ラリー・オーウェンスが全治8ヶ月の重症

ラリー・オーウェンス選手の負傷について


お大事にしてください。・゜゜(ノД`)

電光掲示板解体はじまります

今日ですが、Twitterでこんなツイートが…




いよいよ工事開始で、来年の開幕戦には
新しいカラービジョンが完成!
となるわけです。

しかし、気になることがいくつかある。

まず、完成予想図

この画像って見たことありますか?

どこに、どんな大きさのカラービジョンが完成とか
未だに発表もしないで作るんでしょうか?

まさかと思うけど、
アルウィンみたいな
双眼鏡がないと分からず
スタメンも映らないようなビジョン

は勘弁してほしい

どのくらいの大きさになるとか、
西京極でどんな感じになるとかが見たいんです。

正直言えば、新しいカラービジョンは
従来の電光掲示板くらいの大きさ

そして一から作るなら薄型のビジョンにしてもらいたい。

ちなみにShonanBMWスタジアム平塚のカラービジョンですが、
画面は799型縦9.84m×横17.76m
しかし、幅はわずか0.3mと言う超薄型だったりする。

約5年前に完成したものだが、現在の技術では
こんなに薄く出来るのである。

それと、サンガの公式サイトでも、
この新しいカラービジョンの工事の進捗状況
ちょくちょくアップしてもらいたかったりする。

さて、今月から約3ヶ月の長丁場
出来るだけ立派なカラービジョンを作ってほしいものです。
早く完成予想図が見たい

万博の奇跡

今日はJ1のチャンピオンシップの決勝第1戦

後半に試合が動いて、森崎和幸がパスを受け損ねたところを
長沢が豪快に振り抜いてガンバが先制

広島もドウグラスかヘッドで押し込んで同点!

しかし、ガンバも直後に今野が放ったシュートが決まってガンバが勝ち越す

このままガンバが勝ち切るかと思ったら、
呉宰碩が清水を突き飛ばして一発退場

これで流れが変わってロスタイム
91分に佐々木が押し込んで同点
96分に柏が決めてついに逆転
劇的逆転勝利
まさかの結果にガンバサポーターは呆然
広島サポは大歓喜

この結果で土曜日の第2戦がかなり面白くなってきた!
このまま広島が
優勝してくれることを祈ります!


しかし、長沢とドウグラスが立て続けに決めた時は
元サンガの選手が決めて喜んだサンガサポが
たくさんいたんだろうな(;^ω^)

行かないでくれ駒井

今日のスポニチに駒井の浦和レッズ移籍の記事が出ていました。

J2京都のドリブラー MF駒井の浦和加入が“秒読み”に

 浦和はJ2京都のMF駒井善成(23)の来季加入が決定的になった。正式オファーを出していたが、関係者によれば駒井が京都に移籍する意向を伝えたことが判明。GK福島(専大)、MF伊藤(作陽)の来季加入が決まっているが、移籍による加入では一番乗りとなる。

 今季リーグ戦35試合3得点ながら、鋭いドリブルを武器に攻撃を活性化させる万能型。来季はウイングバック、シャドーストライカーとして起用される可能性が高く、厚みのある前線がさらに活性化しそうだ。


うーん、この記事を見ると凹んでくる(´・ω・`)

駒井のキャリアの為に移籍はしょうがない。
っ言う意見もありますが、個人的には
移籍してもらいたくないんですよ
・゜゜(ノД`)


地元京都市山科区出身で小学4年生で京都パープルサンガジュニアに加入

京都パープルサンガジュニア
京都パープルサンガジュニアユース
京都サンガF.C.U-18
京都サンガF.C.

と生粋の京都生まれのスタープレイヤー

宮吉のカターレ富山への期限つき移籍は
まだ帰ってくる話があったし容認は出来たが、
今回は完全移籍となると話は別

これからも駒井善成と一緒に戦いたいし、
引退するまで京都サンガF.C.と言うチームにいてほしいもの

正直、紫のユニフォーム以外の駒井なんか
見たくないし想像も出来ないのである。


まだ、シーズンオフは始まったばかり、
誠意ある対応で来年もサンガであのドリブルを見せてくれ!
京都生え抜きのスターとなれ!
プロフィール

関Taka

Author:関Taka
SANGARIAN'Sの管理人代行で京都サンガF.C.サポーター連合会のサンガ応援旗管理委員会のメンバー
普段はゴール裏で関東旗を振っています。
関東在住だけど生まれは京都市左京区
そんなサポーターが書くblogです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チーズスイートホーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
Instagram
リンク
Yahoo!天気情報
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR