2013年第40節G大阪戦

いやぁ、負けてしまいましたね(>_<)
雨の中、参戦されたサポーターの皆様本当にお疲れ様でした。

今日は2週連続でのNHKBS1での中継
おいらも自宅で観戦しておりました。

確かにパスを繋いでやりたいことは分かるんだけど、
フィニッシュまで持ち込めないしやっぱりあかん。

先週の神戸戦同様に終盤になって2チームとの地力を
見せつけられた結果となっていました。

確かにサンガは安藤、酒井、バキ、横谷と4人が欠場。
でも、バキの代わりに抜擢された内野は必死に頑張っていた。

そりゃ、来年の契約がかかっているラストチャンスだったわけだからね。

でも、ガンバの選手で驚いたのは2年目の西野
奴の長身を生かした懸命の守りでサンガにゴールを許さなかった。

さらに1失点目は呉承訓のはじいたボールを今野がミドルで決めて失点。
2失点目も右サイドが開いた所を遠藤がロングボールで大森に渡して
これを決められての失点。

さらに藤春のスピードも恐かったし、
きちんと1年でJ2で鍛えたのが良く分かった気がする。

しかし、許せない奴もいた
それは長岡京が生んだ宇佐美貴史
こいつのプレーって正直何様なの?

試合中に秋本の胸ぐらを掴んだり、
とてもフェアプレー精神がある選手とは思えない。

確かに前節まで15試合で16得点しているけど、
こんな選手を使い続けていたらガンバも再びダメになっちゃうよ。

あとはガンバサポーターについてはいろいろあるけど、
今言っても負け犬の遠吠えとなってしまうのでやめておきます。

プレーオフを含めてあと4試合
全部勝ってJ1復帰を決めてやりましょう!

最後に、twitterで何度も書きましたが、

今日の試合はサンガ内野とガンバ宇佐美のたかし対決。
またまた、かっこいい順番に並べてみた。

内野>>>関Taka>>>>>>>>>>宇佐美

正しいかな?
それとも間違っている?

コブダイ

三連覇なるか?JR東日本カップ2013第87回関東大学サッカーリーグ戦、専修大学対桐蔭横浜大学

関東大学サッカーリーグ戦もいよいよ終盤
第19節終了時点で、
1位専修大学  勝ち点42
2位早稲田大学 勝ち点35
となっている。

今日の試合で専修大学が勝てば三連覇達成となる。
と言うことで江戸川区陸上競技場までやってきました。
江戸川区陸上競技場

13時過ぎに到着して、入口で専修大学のユニフォームを着た
可愛いお姉さんから今日のマッチデーをもらいつつ入場。
既に第一試合の明治大学対順天堂大学は後半30分過ぎ
第一試合は明治大学対順天堂大学

サンガがナビスコカップでFC東京とここで対戦したのは13年前
当時はこのEブロックのわずかな席だけサンガに開放されて
超アウェーの中、ヘジスのゴールで勝ったんだよな。
懐かしいEブロック
そんなことを懐かしく思いながら、第一試合は0-0の引き分け。

試合後すぐに専修大学の選手たちがアップ開始。
アップ開始
しかし、すぐに試合なのでアップも10分かからずに終了。
もう終わり
さて、13時50分にキックオフですよ。
たまにはこんな位置から

実はこの対戦は8月にもあり、
天皇杯神奈川県予選で決勝では試合終了間際に失点して、
桐蔭横浜大学に敗戦し、天皇杯出場を奪われた因縁の相手。
また、今日勝てば優勝となるので是非とも勝ってもらいたい。
記念撮影

試合開始!
キックオフから専修大学の攻撃が続く!

12分にペナルティエリアで倒されて専修大学がPK獲得
これを現在13得点と得点ランキング1位の仲川が決めて先制!
1点目の仲川のPK

この後も専修大学の攻撃は止まらない。
しかし、21分には抜け出した桐蔭横浜大学の選手を
GK福島が気迫のセーブで同点となるのを阻止する。

このまま両チーム動きがないまま前半終了かと思ったら、
45+1分に仲川が抜け出してゴール
ロスタイムに2点目
前半は2-0で専修大学リードで終了!

後半開始!
またしても専修大学のペースで試合が進む。
53分に長澤が決めて3-0とする。
長澤の3点目

さらに60分に長澤が決めて4-0として突き放す!
またまた長澤で4点目

試合はこの後も惜しいシーンがあったものの、
結局このままタイムアップ!
攻撃の手を緩めない
試合終了

なんと専修大学が関東大学サッカーリーグ戦三連覇を達成!

本当におめでとうございます。


4-0での完勝
三連覇
今日のヒーローインタビューは2得点の仲川
仲川のインタビュー
その間に専修大学の選手たちは喜んでおります。
その間に喜ぶ

挨拶も済ませているんですが、
まだ仲川のインタビューが続いていて、
マイクを持って答えてはいるものの、
俺も喜びてぇ~!
と目が泳いでおります(笑)
まだ続いている

仲川もどうにか参加することが出来て、記念写真を撮ります。
ようやく記念写真

まだまだ優勝の喜びが続いているんですが、
全員で喜ぶ
早く終わらないと片付けが出来ないと困りぎみの
順天堂大学の皆様(汗)
早く帰ってくれよ…

最後に輪になって締めました。
ようやく終了
さぁ、今年は2年ぶりにインカレとの二冠を目指しましょう!

試合後に西葛西駅前にある京都きん家に寄り祝勝会♪
ビールと焼きそば
近所なので飲みに来てくれたよっしぃさんありがとうございます。
三段お好み焼きを注文したら「祝」と書いていただきましたよ!
祝の文字つき♪
ごちそうさまでした。

92年組を最後まで信じたい

ライバル物語 新章へ 京都出身の21歳、Jで初対決

サンガの駒井善成(よしあき)とG大阪の宇佐美貴史。ともにチームを引っ張る京都出身の21歳が時を超え、Jリーグの舞台で初めて顔を合わせる。「対戦が楽しみ」。少年時代からライバルと認め合う二人のFWは、大一番を前に闘志を燃やしている。
■サンガ・駒井
「いい部分映し出す」
■ガンバ・宇佐美 「負けん気優勝狙う」
小学生の時、駒井はサンガジュニア、宇佐美は長岡京SSに在籍。宇佐美は「善成を最初に見た時は衝撃を受けた。勝っていけるのかなと思った」。宇佐美にハットトリックを決められた記憶がある駒井は「一人で試合の流れを変えられる選手。すごいと思った」。ともに入った京都選抜でチームメートとなり「めちゃめちゃ仲良くて、ずっと一緒にいた」(宇佐美)という。
宇佐美は中学でG大阪ジュニアユースに進んだ。サンガU-15の駒井は1年の時に2度ほど対戦したことを覚えている。17歳でトップチームに飛び級昇格し、ドイツ移籍を果たした宇佐美に対し、駒井は地道に階段を上り、3年前にトップ昇格を果たした。
二人の親交は途絶えていたが、ホッフェンハイムに所属していた当時の宇佐美は、駒井のプレーを映像で見ていることを明かし「あれこそドリブラー」とライバルを評した。昨年末、帰国した宇佐美と知人を介して再会した駒井は、ドイツのサッカーについて話を聞き、刺激を受けた。
欧州の2年間で十分活躍できなかった宇佐美は、再出発を目指し7月、古巣に復帰。第25節神戸戦を皮切りに15試合で16得点と驚異的なペースでゴールを重ねた。G大阪のJ1復帰を引っ張ったエースは「互いに負けん気が強い。J2優勝を目指し気を抜かず戦う」と手ぐすね引く。
3トップの一角で攻守に奮闘し、今季4得点の駒井は強気を崩さない。「宇佐美とは違う、いいところが僕にはあると思っている。それをチームに映し出せたらいい。ガンバになんか負けませんよ」

駒井にも期待

今日の京都新聞の記事を読んで、
なんかワクワクしてきた。
確かに京都生まれの駒井の
ガンバになんか負けませんよ
と言うのを聞いて嬉しくなった。

今年は確かに思い切りに欠ける時があったけど、
やはりチーム生え抜きの駒井に期待してしまうんだよね。

それと期待しているのは宮吉拓実

最近はベンチ外が続いているが、古都のエースと呼ばれたサンガのストライカー
ガンバ戦では横谷が契約の関係で出られないだけに、ベンチ入りになると思う。
怪我をしてから調子を崩しているものの、
関西ステップアップリーグでは結果を残している。
宮吉のゴールも見てみたい!
安藤が怪我をしてからレギュラーを獲得している下畠もそうだが、
92年組の活躍に期待したい!

試合はいよいよ明後日ですよ!
おいらは行けないけど、NHKBS1で生中継があるので、
テレビから念を送ります~!

さしすせ子

今日、黄大城のツイッターで爆笑させてもらいました。



あいうえす
かそくけこ
さしすせ子
た5つてて
友に※め@
はひ京へほ
よα××モ
αΦよ


一応、こんな感じで解読してみました。
いや、勉強しているし、ツイッターでは
漢字が混じった文章だけど、
さすがに実際に鉛筆で書くのは難しいのね。

と言う事でおいらも鉛筆で書いてみた。
それも左手で(笑)
よく見えない
いや、書いてみたんだけど、
左手だと力が入らずにめちゃくちゃ薄い!

これだったら正直呉承訓の方が上手いかも
と思いましたわ(^_^;)

ドラゴンフラッグ

突然ですが、ドラゴンフラッグって知っていますか?

最近、会社でこの話になっているのですが、
別名超腹筋と言うトレーニング

ドラゴンフラッグ

これを連続して10回やると言うのですが、
おいらも自宅でやってみた。

さすがにね、4回しか出来ませんでしたよ。
それもフォームは綺麗じゃないし、お尻を浮かせたままもきつい。

でも、これを毎日やっていると腹筋が割れるとか…

ただ、その前に腹についた脂肪を減らさないとあかんからなぁ。
これは違うぞ

がんばれ沼田社長

水戸ホーリーホックの沼田社長が大怪我をしたそうです。

沼田 邦郎代表取締役の怪我について

まさかの左アキレス腱断裂で全治6ヶ月!
( ; ゜Д゜)ヒャー!


しばらく入院もされるようで大変だとは思いますが、
来年の開幕戦には無事なお姿で戻ってきてもらいたいですな。

そんな水戸ホーリーホックとの試合は11月17日(日)に14時からあります。
まだ、どうやって行くとか全く考えていないし、
どうしようかなぁ?

誰かいい方法ありましたら教えて下さい。
どうしよう…

三連休で良かった

昨日の神戸戦
参戦された皆様お疲れ様でした。
屋根付きスタジアムは素晴らしい

おいらは夜行バスに乗ったものの、腰が痛かったのか
なかなか寝られずにいたものの
大津を過ぎたあたりで就寝…

途中の湾岸長島パーキングエリアで休憩があったものの
その後もずっと寝ていて気がついたら藤沢に入っていた。

藤沢から自宅に帰ったのが7時過ぎ
朝食を食べてから、午前中はずっとブログの編集作業(^_^;)

やはり長くなったし、昨日のNHKBS1での録画を見ていた。
解説はダジャレ王こと早野宏史氏
春の小川のドリブルはさらさら行くよとか
駒井はこまい動きとか
J2の中継でもスタイルはぶれません。

午後からはスポーツクラブに行こうと思ったが、
急に睡魔に襲われる。
それでも、横になったらそのまま夜まで寝てしまうと
思ったのでそのままスポーツクラブへ!

結局、4時間半以上の3時間以上のトレーニングでへとへと(+o+)

こんな事が出来るのは翌日が休みだからと本当に思った。

J1に昇格したら土曜日中心の試合となるので、体も楽になる。

本当に昇格したいので最後まで諦めずに行きましょう!

2013年第39節神戸戦後篇

16時40分開門と書いてありながらなかなか開門しないアウェーゴール裏
雨に打たれながらひたすら寒い中待たされています。

これってアウェーの洗礼だよな(;一_一)

17時にいよいよ開門!
待ちくたびれた
既にホームゴール裏はびっしり埋まっております。

さて、アウェー神戸戦と言ったらSANGARIAN'S名物
うろこ団
と言う事でうろこ団の記念撮影!
黒帽子はうろこ団ではありません
おいっ、ひとり変なのが混じっているぞ!
と言う事で黒帽子ことkattiを押さえつけてもらって
撮り直し!
撮り直し(笑)
と言うより変顔し過ぎだろ俺!
この写真でど真ん中にいるSANGARIAN'S WEST所属のちき
彼はまだ高校二年生の17歳
1996年生まれで着ているのは1995年モデル
はい、彼が生まれる前のユニフォーム
それだけ伝統のあるユニフォームなのです。

スタジアムで食べたもの
まずしモツ焼きうどん
モツ焼きうどん
これは熱々でモツも臭みがなくとても美味しかったです。

さらに、牛串とビール
缶ビール600円はぼったくり
牛串が¥400と言うのは良いが、缶ビールが¥600と言うはぼったくり

試合開始1時間前にはコンコースで決起集会が始まっています。
決起集会

また、試合前には乃木坂46のメンバーが来ていたのだが、
正直3人とも知りません(>_<)
乃木坂46

今日はサンガのゴール裏はサポーターも多いと言う事で、
ラウドからおいどん氏が太鼓を担当
太鼓の中に!!!
おいっ、太鼓の中に変なのが混じっているぞ!

いよいよ、キーパー登場
キーパー登場
キーパーの練習ですが、別に用意されたゴールを使用しています。
ゴールは別のを使用

しばらくしてから選手登場
選手登場
勝って神戸の昇格を阻止してやれ!

試合前のアップをしつつ、先発メンバーのチャントを歌い続けます。
アップ中

もちろんサンガサポーターが大勢集結
サンガサポ多過ぎ!
既に息苦しいんですが(・。・;

19時に試合開始
記念撮影

神戸ゴール裏には絆のコレオグラフィー
絆のコレオグラフィー

円陣を組んでいよいよ試合開始ですよ。
いよいよ試合開始

試合に関しては、終始神戸に押されていてサンガは防戦一方
神戸戦試合風景前半
でも、呉承訓を始めとした必死の守りで神戸にゴールを許さない。
神戸戦試合風景後半

サンガも終盤に攻めるが、結局決めきられずにスコアレスドロー
負けに等しいドロー
でも、最後まで諦めたくないし、頑張るしかないんだよ!

試合後は和田岬駅から地下鉄海岸線と新快速で京都に移動。
京都から夜行バスでの帰宅となりました。
夜行バス乗車
しかし、京都駅もサンガサポばかりで、さらに知り合いの方にも遭遇するし、
いろいろと驚きながら帰りました。

2013年第39節神戸戦前篇

9月から怒涛の7連勝と快進撃を続けているサンガ

11月からは神戸、ガンバと上位陣との直接対決があるので
ここを乗り越えないと先に進む事が出来ない。

さらに今日の試合はNHKBS1で生中継もある注目のカード
そのNHKBS1での生中継の為に19時キックオフ

その為に行きは飛行機ですが、帰りは夜行バスとなる強行軍

9時過ぎに自宅を出発して羽田空港を目指す。
途中で東海道線が停まったりするけど
どうにか出発25分前には羽田空港到着!
羽田空港

搭乗チェックも終わっていよいよスカイマークに乗りますよ!
スカイマークで神戸へ
ちなみに今日のスカイマークですが、11時05分発の神戸経由の長崎行き
長崎にも行くよ
寝過ごして気がついたら長崎にいたなんて事はないようにしたい。
(実際は神戸で全員降りるのでそのような事はないのですが)

離陸してからしばらくは地上も見えていたのだが、
今日は全国的に雨模様なので雲が出てきてこのような
青い空と白い雲がくっきり映る。
青と白のコンストラスト
そして、スカイマークで嬉しいのは機内サービスで
アルコールが意外と安く販売している。
キリン一番搾り250ミリリットルとおつまみで¥200
ついつい機内で注文して飲んでしまいました(^^ゞ
これで200円

機内で寝たりビールを飲んだりしていて12時20分過ぎには神戸空港到着
神戸空港

神戸空港からはポートライナーで三ノ宮駅へ
ポートライナー
いつも思うのだが、神戸空港は本当に便利♪
だって神戸の中心地となる三ノ宮駅から18分で空港に行ける。
この空港をもっと活用するべきだといつも思ったりします。

三ノ宮駅で伊丹空港からやってきたよっしぃさんと合流
三ノ宮駅
最初は洋食屋さんでお昼を食べる予定だったが、
あまりの行列に断念して南京町の中華街に移動
南京町の中華街
ここで見つけたお店で中華のランチを食べました。
お昼は中華
エビチリのランチですが、これでもかとエビチリがあり、
さらに麻婆豆腐とかお惣菜もありお腹一杯でございます。

食後に地下鉄海岸線に乗車してスタジアムを目指す。
地下鉄海岸線
御崎公園駅に到着したら、同じくSANGARIAN'Sの京チャンと合流!
徒歩数分でホームズスタジアム神戸改め
ノエビアスタジアム神戸に到着
ノエビアスタジアム神戸到着

専用スタジアムだし、開閉式の屋根もあるし本当に羨ましい。
バックスタンドもこんなに立派な構造です。
西京極とは大違い

15時40分から事前搬入開始で横断幕を張ったりする。
まだ暗いスタジアム
既に雨が降っているので、屋根は閉まっております。

あと、大旗は最初は作るのはダメと言いながら
退出5分前にやっぱり作って良いですと言うのは勘弁してほしい。

17時の開門まで30分前
アウェーゴール裏の待機列はここまで長くなっている。
大行列
それだけ今日の試合が大事だからと京都からみんな来ているのです。

後篇に続きます。

2013年ナビスコカップ決勝浦和レッズ対柏レイソル

先日のJユースカップでよしきちゃんから
「ナビスコカップ決勝のチケットが
ありますけど来ます?」

とお誘いを頂いたので国立競技場にやってきました。
国立競技場到着
来年秋には取り壊しが決まっている国立競技場
このスタジアムでのナビスコカップ決勝はしばらくなくなります。

今日はパノラマシートと言うことで、かなり高い位置
バックスタンド
それも一番後ろは通路として椅子を使用していないので、
実質最後列からの観戦♪
近くには聖火台もあります。
聖火台

浦和はゴール裏は1時間前からヒートアップ!
浦和ゴール裏

しばらくしたら聖火台にも聖火が灯り近くだと実に暖かい♪
灯りました

試合前にはこんなアナウンスが…
コレオグラフィーやるの?
バックスタンドではJリーグ主導のコレオグラフィーを
やるように言われるのだが、
コレオグラフィーと言うのはサポーター主導でやるもので、
これは両チームのサポーターが無視をするらしい。

そんな中で両チームのアップが進みます。
両チームアップ中

浦和の選手紹介
Lフラッグを大量に振って迎えるのだが、これは1万本は下らない数!
浦和選手紹介
ちなみに、おいらもLフラッグを渡されたので試合前に振っていました(笑)

試合前の両チームのコレオグラフィー
柏レイソル
柏のコレオグラフィー
シンプルな柏の一文字

浦和レッズ
浦和のコレオグラフィー
エンブレムとカップを描いた!

このコレオグラフィーは浦和の勝利でしょうな。
ただ、コレオグラフィーでカップを出すと
勝てないんだよな(´-ω-`)

13時過ぎに選手入場!
選手入場
バックスタンドからズームで選手を撮影してみた。
そして整列!
選手整列

国家斉唱は松崎しげる
シゲル・マツザキ
あの野太い声での君が代は迫力があったなぁ。

いよいよキックオフでスタジアムも盛り上がります。

試合は前半から浦和のペース
しかし、柏は3バックの両ウイングを下げての変則的5バック
浦和対柏戦試合風景

また、試合開始から柏ゴール裏は裸族が増殖しています。
裸が多い(笑)

浦和ペースで試合が動いているものの、なかなか得点を奪えない。

そして前半ロスタイムに試合が動く。
45+2分に工藤のヘッドが山岸の手の脇を通り抜けて柏が先制する!
工藤のゴールで先制
まさかこの時間で試合が動くとは思わなかったよ。

さて後半
キックオフ直前に浦和ゴール裏が一斉にジャンプしてスタジアムが揺れる。
スタジアムが揺れる
後半に入ってからも浦和ペース
さらに攻撃が増して柏が防戦となる。

そして試合途中で雨が降ってきた!
突然の雨で雨具がない人たちが椅子の下に用意されていた
コレオグラフィーの紙を取りだし、
一斉に頭に被せて即席のコレオグラフィーが始まる。
突然のコレオグラフィー(笑)
Jリーグ主導のコレオグラフィーが嫌だからとしないのに、
まさか後半突然文字が浮かび上がる
とは思わなかっただろうな。

試合はこのまま動かずに柏が逃げ切るかと思ったものの、
90分に興梠がゴールを決めて同点にする!
興梠のゴールで同点?
と思ったらこれはオフサイドの判定。

この判定は、最初山口副審がオフサイドなのに旗を上げない。
しかし、得点が決まったらセンターサークルに戻るはずなのに、
それもないのでスタジアムは騒然となる。

しかし、扇谷主審のオフサイドの判定で試合が再開。
正直、これは副審のミスである。
オフサイドの判定は副審が見て決めるものなのに、
その副審が動かないのでは試合が止まってしまう。

試合はこのまま0-1で柏が勝利!
試合終了
なんと14年ぶりのナビスコカップ制覇となる。
ピッチでみんなで喜んでいます。
喜ぶ柏の選手たち

表彰式
まずは審判の表彰だが、浦和ゴール裏からは大ブーイング!
気持ちは分かるが、今日は主審ではなく、副審に対する怒りでしょうな。

浦和レッズの選手たちもお疲れ様でした。
準優勝

そして柏レイソル
優勝
優勝おめでとうございます!

表彰式の後もみんなで喜びを分かち合っていました。
おめでとうございます

そして表彰式の後の浦和ゴール裏
1ステージ制支持!
史上最低チェアマンとして名を刻みたいのか?
現行の
1ステージ制維持の英断を!!

2ステージ制に欠陥が見つかった以上、
1ステージ制維持しかないでしょう。
スーパーステージで金儲けしたいなら、
1ステージ制終了後に上位3チームでACLの順位を決める
スーパーステージをやればいいと思いましたわ。

しかし、今日の試合はサッカー以外に
ネタ満載な1日でした(笑)

ヴィッセル神戸戦チケット完売

11月3日のヴィッセル神戸戦ですが、
チケットが全席完売となりました。

11/3京都サンガF.C.戦 前売りチケット完売と観戦についてのご注意

とうとうここまで来てしまったか…

ちょっとした自慢ですが、おいらは神戸ウイングスタジアムで開催された
サンガの試合は全て参戦しております(  ̄▽ ̄)

2002年は神戸ユニバーで開催
2003年の屋根がついた改修工事後のこけら落とし
この試合は満員になってサンガが勝利したんだよね。

2004年から2007年はいずれかが降格していて対戦はなかったものの、
2008年6月はナビスコ杯でとある事件が起こる!

当時はまだ別団体にいたS田さんが
ユニフォームを忘れてきてしまった!

それを見て、みなみ軍曹が予備で持ってきたユニフォームを貸してあげた。

そのユニフォームが1995年から1996年に使用されていた白いうろこユニ

2008年10月には4人で白いうろこユニを着て、うろこ団が発足!

もちろん2009年も2010年もうろこ団が継続したのだが、
徐々にメンバーが増えてくる!

最初はアウェー神戸戦限定だったうろこ団も、
岡山、岐阜と近場のアウェーでもやるようになった。

さらに、うろこ団はパワーアップと言うか泥沼化してきていたが、
この大一番にうろこ団をやります!

えっ、うろこ団はげんが悪い?
いや、昨年は岐阜も岡山も勝ちましたけどね( ̄▽ ̄;)
ただ、神戸戦では勝った試しはない。

でも、大木監督ではないけど、
スタイルを曲げるつもりはない!

げんの良いうろこ団がきちんと勝ちますよ!
当日は凄い人になりそう
プロフィール

関Taka

Author:関Taka
SANGARIAN'Sの管理人代行で京都サンガF.C.サポーター連合会のサンガ応援旗管理委員会のメンバー
普段はゴール裏で関東旗を振っています。
関東在住だけど生まれは京都市左京区
そんなサポーターが書くblogです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チーズスイートホーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
Instagram
リンク
Yahoo!天気情報
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR