レーシック再手術は再延期

今日は午後からみなとみらいに行ってきました。
みなとみらい駅からクイーンズタワーへ
行ったのはレーシック手術をした眼科で、
今年8月が再手術が無料になるリミットなのです。

再検査をすること約1時間半
今回はそれほど右目の視力が下がっているわけではなく、
先生の診察では
現状でも問題がないなら再手術をする
リスクの方が高くなるので避けた方がいい!


また、再手術の無料期間も2年間延期

ただ、来年も再来年も
再検査にいかなきゃいけないんですが(^_^;)

帰りに近くにある横浜ランドマークタワーを撮影
横浜の名所ですね
今日は雨が降ったり止んだりの不安定な天気

どうにか濡れずに帰れそうですわヽ(・∀・)ノ

1ヶ月検診

今日はレーシック手術を受けて1ヶ月経過したので1ヶ月検診に行ってきました。

今日もいろいろな検診があり、
視力を測ったところ両目共に2.0になりました。

気がついたら視力がこんなに高くなるなんて…
恐るべしレーシック手術

さらに今日は眼圧検査や瞳孔の検査もあり、
黒眼を開く目薬や麻酔の目薬を差される。

目玉に直接器具を当てられるのだが、
痛くもないし何も感じないのだが、
薬が効いてきてだんだん眩しくなって目が見にくくなる。

その後はお医者さんからいろいろと相談を受けてもらったり、
これで目薬も刺さなくていいし、結局、1時間ほどで検査は終了。

これで温泉にも行けるし、プールで泳ぐことも出来るようになりました。

このまま気分良く帰宅しましたよ。

写真は出そう出そうとなかなかアップしていなかった
先日北海道に行ってきたサンガ友の会さんからいただいた
水曜どうでしょうの軍手
トラ退治

手のひらにトラ退治と書かれているのに笑いました(^_^;)

クラビット、サンベタソン、ヒアレイン

レーシック手術をしてから10日経ちました。
しかし、今でも外に出る時にはこれが欠かせません。
目薬三兄弟
クリニックから購入した目薬♪

クラビットサンベタソンヒアレインと三種類
クラビットやサンベタソンは炎症を抑える目薬で、
クラビットは結膜炎をやった時に使ったことがあるな。
あと、我が家にいたアレックスも
目やにがたくさん出る時にクラビットを使っていました。
と言うより、犬も人間と同じ目薬なんですよ。

ヒアレインは目の乾燥などを抑える目薬で、
今は日中はヒアレインだけ。
ただ、このヒアレインは曲者だったりする。

ヒアレインを差した後は、目薬が目から喉に伝わるのか、
めちゃくちゃ苦さが伝わってくる。

最初はこの苦さが辛かったけど、いつの間にか慣れましたわ。

今日は日本代表はガーナ代表と試合だけど、
さすがに相手は強いから今日は厳しいかもね。

レーシック手術から1週間

今日はレーシック手術からちょうど1週間。
京もみなとみらいのクリニックに行っていましたが、
検査の結果は問題がなく、視力は両眼共に1.5
おかげさまで保護用のゴーグルも卒業ですし、
あとは目薬のお世話になるだけ。

その目薬も今まで3種類を毎日5回やっていたけど、
そのうちの2種類は朝と夜だけとなり、毎日5回するのは1種類のみ。

これは楽になりそうですな。

その後は久しぶりにスポーツクラブへ
今日からスポーツクラブに行けるようになったけど、
スタッフさんと会っていろいろと変わったことがあり驚いたりする。

それと本調子ではないけど軽く汗を流して風呂に入る。
特に大きい風呂に浸かるのは本当に気持ちいいよ♪

そして帰って朝日新聞の夕刊を見たら、
なんと水曜どうでしょう祭りが一面を飾っている。
まさかの一面
日本中へどうでしょうと書かれたのを見たけど、
まさかの一面に本当にびっくりしたよ。

関ちゃん、キラになる

今日でレーシック手術をしてから三日目
実は外出する時にはこれが欠かせません。
保護用のゴーグル
保護用のゴーグル

一応、まだ角膜が完全にくっついているわけではないし、
もしも顔や目が何かに当たらないようにしなければならないのです。

ただ、これを掛けていると、プロ野球の広島のキラ選手みたい。

そう言えばキラ選手で気になったのは、背中の名前

以前から、背中の名前がKa'aihueと書いているけど、
キラと読めない。

こんなこともあり調べてみた。

本名はキラ・カアイフエ Kila Ka'aihue
背中に書かれているのは、Ka'aihueで、名字のカアイフエらしい。

やはり、カアイフエだと読みづらいからキラが登録名で、
背中だけは名字のKa'aihueとしたのかな。

まぁ、千葉ロッテマリーンズにもベニー・アグバヤニ選手がいて、
登録名はベニー

やはりハワイの名前は言いにくいのかな?
と思ったりしました。

あと、レーシック手術を受けて、Twitterでは
広島にいた兄とドラゴンズにいたレーシッチ兄弟ネタがありました。

神主打法の弟のゲーリー・レーシッチは今は何をしているかちょっと気になる。

あっ、広島の歴代外国人なら、おいらはアレックス・オチョアが好きでした。

レーシック手術のその後

昨日、途中まで書いていたレーシック手術。

手術当日のことを書きます。

当日はまず、病院に着いたら、薬を渡される。
1つは鎮痛剤と、もう1つは精神安定剤。
特に精神安定剤は手術で気持ちが昂るのを抑えて、
手術を楽にするためらしい。

さすがに精神安定剤を飲むのは生まれて初めてだったりします(^_^;)

最終検査を終えてから、いよいよ手術開始。

手術をする前に、頭に使い捨ての透明の帽子を被らされて、
麻酔の目薬をしてもらい、いよいよ手術室へ。

手術室には約5名のスタッフがいる。

手術台に横になり、顔に保護用のシートを付けられる。
シートからは目だけしか見えないようになっている。

さらに、瞼を押さえる器具を取り付けられて手術開始!

まずはフラップと呼ばれる円形に角膜を剥がす作業。
これが終わってからは、レーザー照射。

そして、フラップを元に戻して終了。

これを右目、左目の順番でやってだいたい20分の手術が終わる。

手術終了したのだが、
まずはソファーで約10分ほど目を瞑ったままで過ごす。

そして10分後に目を開けるのだが、
周りが真っ白でめちゃくちゃ見辛い(;・∀・)

診察が終わって、目薬や保護用のゴーグルを渡される。
保護用のゴーグルをして帰るのだが、
外は炎天下で街中を歩くことが非常に困難。

保護用のゴーグルをしているが、
眩しくて目の上に手を当てながら歩くのはおかしい。
ただ、これは仕方がないかもしれない。

天空の城ラピュタのムスカ大佐のセリフじゃないけど、
「目が、目がぁ!」
と言いたくなってしまう。
帰る時も周りが白く本当に見辛いのだが、どうにか帰宅。
帰宅して暫くしたら周りが白く見えるのはなくなってきて
少しずつだが、見えるようになった。

よく、レーシック手術をしたら、
「見やすくなって世界が変わった!」
と言うのですが、おいらの場合は
使い捨てコンタクトレンズを使っていたこともあり、
そんなに世界が変わったとは思いませんでした。

そして、目の痛みに関しては、ちょっと違和感はあったけど、
ほとんど痛みはありませんでした。

ただ、鏡で見たら、白目が手術の影響で赤くなっています。
最初は驚いたが、これは事前に担当した医師から、
「術後に白目が赤くなりますが、
約2週間で消えます。」

と言われたから仕方がないんだよね。

当日はパソコンを見たり、お風呂に入るのは禁止。

また、携帯はメールをしたり、テレビを見るのも控え目にと言われていた。

でも、ついついメールをしたり、Twitterをしたりするし、
テレビを見てしまったんだよな。

また、目薬を三時間に1回はしなければならないのはしょうがない。

とにかく目が乾きやすいし、これは仕方がないのかもしれない。

それと、目に汗や髪の毛が入らないようにするため気、
自宅でバンダナをして過ごしたりする。
バンダナをするなんて、
80年代のミュージシャンになったような気分だわ(* ̄∇ ̄*)

土曜日はこのまま就寝してしまった。

翌日は起きたら、ちょっと変な感じがする。

起きたら朝から周りがくっきりと見えるわけだ!

ただ、これは使い捨てコンタクトレンズをしたまま寝てしまったような感じでもある。

それでも、便利になったとは感じたりする。

そして、朝食後に今日も横浜のみなとみらいへ。

昨日は手術の直後だったので、検査が出来ないので、
今日は目の他の検査と一緒に視力検査。
視力検査の結果だが、
左が1.2で右が1.5
確かに視力は回復したのだが、左がそれほど回復しなかったのは残念。
と思ったが、視力は1日で回復するものではなく、
約1週間で徐々に回復するらしい。

これを聞いて安心したよ!

それと、術後は問題もないので、今日からお風呂には入れるし、
1週間後にはスポーツクラブに行くことも可能となる。

これは本当に嬉しいですわ(*´∀`)♪

また、次の土曜日に検査があるのですが、レーシック手術を終わっての感想は、

やはりやって良かった!

だって、ボヤけることもないし、常にくっきり見えるわけだ!

こんな感じでしたし、二十歳から60歳までの目が良くない方。
検査をするだけなら無料のクリニックもありますので、
ご興味のある方はいかがでしょうか?

こんなレーシック手術でげざいました。

あと、今日は検査の帰りにスーパースポーツゼビオに寄って靴を購入。

アディダスのランニングシューズが3割引のセールをしていたので、
ついつい購入してしまったのだが、こんな真っ青なのはちょっと違和感があるかも。
真っ青なシューズ
ちょっと嬉しい気分で帰りましたよ。

ご報告

本日ですが、レーシックの手術を受けて来ました。

小学校の時には目は両眼とも1.0はあったのに、
中学校に入ってから徐々に悪くなってきた。

高校に入ってからはまだ裸眼でどうにか我慢していたものの、
大学に合格して運転免許を取る為に、
18歳で眼鏡のお世話になりました。

それからは眼鏡のお世話になっていたものの、
社会人になってからはコンタクトレンズもデビュー

だいたい、平日は眼鏡をして仕事
週末は使い捨てコンタクトレンズをして出かける
と言うのが多くなってきた。

レーシックに興味を持ち始めたのは数年前

ただ、レーシックをしても失敗するとか、
視力が元に戻ってしまうなんて不安もあった。

ただ、今年は長期休暇を取得したこともあるし、
今年で40歳になるし、
これがラストチャンスと思って夏前に
いろいろなレーシックの手術をやっているお医者さんに資料請求。

その中で、7月に横浜のみなとみらいにある眼科に行ってみた。

そこで約2時間かけてずっと目の検査をする。

いろいろな検査をやって視力を測ると
おいらの視力は裸眼で0.08
今まで0.1だと思ったけど、実はちょっとだけ足りなかったらしい。

いろいろな眼鏡とか器具を使っての検査が延々と続く。

特に重要なのは、レーシックは角膜をレーザーで削る為に
角膜の厚さを測定しなければならない。

その時に角膜が薄い人はレーシックを受けることが出来ない。

おいらの場合は、角膜が標準よりも厚くて条件クリア。

黒眼を開く目薬を注されたら、
周りがめちゃくちゃ眩しくなって帰るのが大変だったな。

そして、17連休の際にレーシックの予約を考えたのだが、
残念なことに日程の都合がつかずに1週間ずれてしまった。

ただ、先週の土曜日には、最終検査があったこともあり
西京極での岡山戦で一旦帰ってから、みなとみらいに再度行くことになっていた。

ここでも約1時間半の検査と、最後に担当のお医者さんからカウンセリング

実際にレーシックを受けるとどうなるかとか、
その後の通院はどうなるかとかいろいろと聞かされた。

そして、今日はいよいよレーシック

手術のことをいろいろと書きたいのですが、
今は術後で周りが白く見えてブログを書くのも厳しい状態。
(手術前に予め記事は書いてはいたのだ。)

今日はこれから帰宅して、思いっきり寝ますわ。

そして、今までありがとう。
眼鏡と使い捨てコンタクトレンズ
今までありがとう
プロフィール

関Taka

Author:関Taka
SANGARIAN'Sの管理人代行で京都サンガF.C.サポーター連合会のサンガ応援旗管理委員会のメンバー
普段はゴール裏で関東旗を振っています。
関東在住だけど生まれは京都市左京区
そんなサポーターが書くblogです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チーズスイートホーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
Twitter
Instagram
リンク
Yahoo!天気情報
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR